Archive | 5月, 2013

トロントの性教育者、カレンさんとのインタビュー(前半)

19 5月

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キャシーがとても尊敬するカレン(Karen B K Chan)さんにインタビューしてきたわ。

カレンさんの熱い生き方や活動に注ぐ情熱、性の捉え方など。

とてもステキな話をたくさんできたインタビューになったので、ぜひ読んでほしい。

あたしなんかもう数回も読み返して感化されちゃってるわ。

今回初めてインタビュー記事を書いたので、お手柔らかに。

_________________________________

キャシー:とても漠然とした質問なんですが、もし良ければ、カレンさんのことだったり、携わる仕事や活動のことだったり、歩んできた道のことだったり、いろいろ教えてください。

Please tell us about yourself, the work you do, your history, and anything else you’d like to share with our audience. It’s a big question.

カレン:本当に漠然としてるね。私自身のことを話すとなると、どこから始めるかでかなり物語が変わってくるんだよね。

It is a big question. It all depends on how I start, and then the story goes differently. Who I am and what I do.

それでもやっぱり自分に一番影響があったのは、私が移民であることかな。移民と言っても、ただ単にカナダに移住したというアイデンティティだけではないわけ。“カナダに移住した”とだけ説明するのは好きじゃないんだ。香港から離れたというアイデンティティも凄く大切なわけよ。私は11歳と時に香港からカナダにやってきたんだ。

Well, I think the parts that influenced me the most right now have to do with being… I identify very strongly as an immigrant and also as an emigrant. I always pair those together because I don’t like the reference only to coming to Canada. I really feel like I left Hong Kong. I was 11 when that happened.

ここ数年は、何をやっているのかと聞かれたら、もう自分のことを潔く性教育者と呼ぶことにしてる。

I have been saying now in the past year also that I’m a sex educator, period.

昔はね。自分の仕事が変わる度に、その役職のタイトルで自分を説明していたんだけど、今はもう役職なんてあんまり気にしてないや。性教育がシンプルでいて、奥も深くて、一番しっくり来る。

It used be according to whatever job title I had, but now my job title is actually secondary. I feel like sex ed sounds simple enough and comprehensive enough.

私はクィアであって、それはとても大切な私の一部。自分にとって、クィアであることはセクシュアリティであって、ふるまいであって、イデオロギーでもある。よく故意に白でもない黒でもないグレーゾーンに身を置くことも多い。

私はポリアモリー(複数恋愛者)であって、ポリガミー(複数恋愛)を常に実践している。これもとても大切な私のアイデンティティであって、仕事や活動の大事な一部でもある。別にそれは私が誰と恋愛したり、セックスしたり、しなかったりとかそういう問題だけではない。どちらかといえば、自分自身を反映したり、私と身の回りにいる人の関係性をクリティカルな視点で見たり、私が抱える問題と対峙したいという強い志なわけよ。

I’m queer, and that’s very important. I’m queer in the sense of my sexuality, my behaviour, but also in my ideologies. I think I situate myself in grey areas purposefully, a lot. I identify as polyamorous. I practice polyamory. That’s actually a really important part of my work and my identity as well, not necessarily because of whom I may or may not date or sleep with, It’s actually much more about a commitment to self-reflection and critical engagement with the people in my life, and also a deep commitment to working on my [S#!t].

思うんだけど、私に限らず多くの人にとってもモノガミー(一対一の恋愛)って都合良く様々な問題を隠してくれるじゃない。逆にポリガミーはその問題を無理矢理ほじくり出すから大事なんだよね。

And I feel like for me, as it is for many people, monogamy helps me hide from some of that [S#!t], but polyamory just throws that in my face. So that’s really important to me.

加えて、私はうちの親の娘として行動することも多い。

I am a daughter, and I operate a lot as a daughter.

今現在、私はトロント市公衆衛生局にて健康促進コンサルタントという仕事をしている。もっと詳しく説明すると、性教育の分野で型にはまった健康促進に携わっている。これ仕事は私の時間の大きな割合を占めているんだ。

I work for the city as a health promotion consultant which means that I’m working towards health in the sexual health field through pretty conventional health promotion means. That’s big part of my life.

(カレンさんはRaging Asian Women(RAW)というアジア人女性による和太鼓グループに所属し、毎年数多くのステージに立っている。)

私は自分のことを和太鼓奏者というより、一人のパフォーマーだと思っている。和太鼓はそれを伝える一つのメディアだと思うわけ。RAWをあまり知らない人は私のことをミュージシャンだと思ってるけどね。

I also identify as less as a drummer and more as a performer and drumming is the medium at the moment. When people say that they haven’t heard of RAW, and they think I’m like this musician,

だからいつもこう言う。自分にとって和太鼓はスポーツみたいなもので、音楽というよりは、パフォーマンス・アートの一部みたいなもの。

I always say what we do to me is more like a sport, less like music, and more like performance art.

今は“Fluid Exchange(体液交換)”という団体も運営していて、自分がやりたいことをどう成し遂げるかこの団体や他の活動を通して試みているんだ。そうやって、自分にとって大事なことをトレーニング講座や、スピーカーとして話をしたりして伝えているわけ。セクシュアルヘルス(性に関する健康)とか、そういった部分以上に性的な存在であることについて語りたいんだよね。

これが今、私がやっていることかな。

I also run my own organization ‘Fluid Exchange’. I’m trying to find out exactly how to do all the things I wanna do through ‘Fluid Exchange’ or though my own initiatives. Through those, I do trainings and talks around things that really matter to me. Not so much sexual health and not so much sexual wellness, but much more sexual being and sexual existing.

Those are the things I do.

今やっている仕事や活動を始めたきっかけはなんですか?

Why or what made you start what you’re doing right now.

そういえば、昨日ちょうど誰かに同じような質問されたよ。その質問は私が性教育に携わるようになったルーツについてだったんだけど、学問的な視点から聞かれちゃって、全然答えが見つからなかったんだよね。

I was just talking to someone yesterday. They asked me how I started doing sex ed.

What they wanted to know was the academic route one takes towards being a sex educator.

I actually don’t know the answer to that.

一人の人間として成長する過程で、ずっと子供ながらに抱いていた感情があったわけ。どんな感情なのかというと、自分の人生が愛おしくて、今の一瞬一瞬が本当に大切だってこと。この感情が根源にあるから、私は自分を幸せにしてくれること、自分を充実してくれることに一生懸命取り組むんだよね。

I realized that as I developed as a person, the feeling that I had always had as a kid – which was like every moment is so precious in my life because I love my life so much – the feeling gives me an urgency to really go towards the things that make me happy and make me feel fulfilled.

そうしたことが目標にあるから、身を任せてその道を前進してきたんだ。性やセクシュアリティに興味を持ったのも、自分を大切にしたいと思ったから。自分の中で疼いている部分、悲しんでいる部分、そして、充実していない部分をどうやって充実させられるか知りたかった。子供の頃から居場所がなくて、自分は女の子より男の子に近いと感じていた。そして、社会規範から外れた中性的な人間に対する風当たりがいかに冷たいのか思い知らされた。別に社会に受け入れられたいわけではない。私はただ単に、自由に生きたいだけ。

With that as a destination, the trajectories I’ve taken have not been otherwise planned. Sexuality emerged as a point of interest mostly because I was trying to take care of myself. I was trying to find out all the places that hurt, that were sad, or that were unfulfilled, and how to make them more fulfilling and more wonderful in my life. Everything from being a small child and feeling out of place, and feeling much more identified with boys than girls, to later on realizing that as an androgynous person it’s hard to find a place in the world. I didn’t just want to be accepted. I wanted to feel completely free.

私が取り組んでいる活動は、だいたい自分を充実させ、もっと自由になるためにやっている。つまり、セルフケアに必要な知識やスキルを学んだり、一人の人間として自分のためにやっているんだ。例えば、一番学ぶ必要があったのは思いやりで、今でも必死に学んでいる最中だ。それなしでは自分自身も思いやれないからね。

A lot of times, the things I do are about making me feel better and freer. It’s about my fulfillment as a person, and developing all the things that I needed to learn in order to take care of myself. For example, compassion was a really big thing I had to learn, and am still learning very hard, so I can take better care of myself.

思いやりは私が仕事をする上でも大きな要素となっている。仕事上で他人を思いやれない人や、自分自身を思いやれない人に出会うと、自分のことまでよく見えて来る。それが今の活動の機動力にもなっている。それを自己満足と呼んでも良いし、私が得意なことをやっていると呼んでも良いだろう。

Compassion comes out in my work a lot; I can really see myself reflected in the people that I’m working with for whom compassion is difficult, and self-compassion even more difficult. That’s the impetus for a lot of stuff I do. You could say it’s self-interest, or you could say that I do what I know.

RAWと、最近リリースした『Jam』ビデオの話ももっと聞きたいので、もし良ければもっと話してください。

I would like to hear about two projects that you are currently involved with: the Raging Asian Women (RAW), and the more recent “Jam” Video Project.

私がRAWに参加した理由は楽しそうだったから。それに、あんなパワフルでフィジカルなグループと一緒にステージに立てるなんて嬉しいじゃない。最初に参加した時はあまり深く考えてなかったかな。ただ単に刺激的で楽しそうだったという理由で始めた。

I think I began participating in RAW because I knew it will be fun, and that it will make me so happy to be a part of a group like that – to do physical things, to be powerful, and to be on stage. I wanted to be part of something fun and exciting. I don’t think I thought a lot about the greater meaning of it at first.

今思えば、凄く自分にフィットしたんだよね。RAWのおかげで成長した部分も凄くあったし、私の存在がRAWを変えた部分もあった。実を言うと、RAWがいかに世間から見られているかはあんまり興味がないんだ。アジア人ということだったり、ジェンダーだったり、私たちの肉体だったり、そういう話も大事。ステージの上に立てば、観客はそれを通して私たちを見るから、私たちの肉体が持つ歴史だったり、私たちの人種との繋がりと対峙せざる終えなくなる。だから、RAWの見習いとは特によくそんな議論をする。

そこが凄く大事なのはわかっているんだけど、今の私にとって、RAWはコミュニティみたいなものかな。実際、こんなに毎日忙しいとゆっくり友達とも会えないでしょ。そんな中で、週2回のリハーサルでステキな女性たちと一緒にいられるのって、親友と週2回出かけるような感覚なわけ。凄く精神的に癒される。

It just seems to fit in my life. As I have grown within it, it has changed me, and I have changed it. I actually feel less strongly about the public and how RAW exists in the public. A lot of times, that’s what people identify with, so we do talk about Asian representation, representation of gender, and bodies on stage. Those are very important. When we have new apprentices, those are the things we talk a lot about because we are confronted with that immediately when we are on stage with our own history and relationship with our body, and our own relationship with how we are racialized and so on. That is really big and important. But for me right now, RAW, personally, is community. In the practical reality of things, I don’t get to see my friends very much. Going to twice a week rehearsals with women I love and identify with, it’s kind of like having two standing dates with my friends, and it’s so good for me emotionally.

それに、友情という理由だけではなく、同じ志を持つ人たちと一緒に目標を持って活動するのってとてもステキでしょ。RAWにいるからこそ、様々な難関に挑戦させられる。自分が抱く恐れとか、どうやって小さなステージで演奏するかとか、自信がない人をどうやって勇気付けるかとか、「こんな複雑なリズム演奏できるかよ!」とかね。そうやって自分を限界まで追いつめて、失敗の可能性と対峙させてくれる。そんなステキな機会がすべてRAWで味わえちゃうんだよ。だからRAWは個人的にも、政治的にもマジでカッコいい。

That we have a reason to get together that’s not just about friendship, and that we are working on a project together, make for really fulfilling ways of spending time with like-minded people. And I continue to have so many challenging experiences through RAW. Everything from my fears, to how do we play on a stage that is very small, to how do we make someone believe in themselves when they don’t, to “could I possibly play this complicated rhythm?” That’s challenging myself to something and facing the possibility of failing. All those opportunities come in one package. That’s why RAW just rocks for me personally and politically.

『Jam』ビデオだけど、実はずっと作りたかったものだったんだけど、時間がないと言い訳してやらなかったのね。そこでタイミングよく、ニューヨークで性教育に関するアートプロジェクトを企画していた方から声がかかったわけ。自分のことをアーティストとは思ってないけど、この機会にビデオを作ろうと決心したんだ。このビデオを作れたのもこんな風に〆切ができたからかな。このビデオは私がずっと考えてたことだったり、言いたかったことをまとめたものでもあるんだよ。

“Jam” (the video) was something I had intended to make and I kept putting off because I’m too busy doing a lot of other stuff. I had an opportunity when a curator in New York was putting together a show called Sex Ed and was looking for artists who would make videos about Sex Ed. I don’t generally identify as an artist, but she happened to find me, and I was totally into making a video for her. I leveraged that as a self-imposed deadline and that’s what makes it possible for me to make anything. This video is a manifestation of many of the things I’ve been thinking about and many of the things I want to talk about.

性教育というものを考えるとき、健康のこととか、体位のこととか、快感のこととか、そういうことは実はあんまり考えないんだ。

どちらかといえば、私たちがいかにセックスを捉えるか、その視点を広げたいんだよね。今のこの社会では、セックスやセクシュアリティはとても狭い意味で捉えられていると思う。セックスのスピリチュアルな部分だったり、セックスの官能的な部分だったり、そういうもっと日常にあるべき大事な要素が私たちから引き離されているのは大変なことだ。官能的といってもバラの花とかではなく、ここで意味する官能的はもっと根本的なもの。例えば、子供が手で水の感触を感じたり、毛むくじゃらな動物に思い切り顔を押し付けたり。

さらに、セクシュアリティの領域で、いかに恋愛や関係性が恐れや所有欲に支配され、いかに私たちがお互いを傷つけるかも大きな問題だと思うわけ。一緒になって、コミュニケーションしたり、問題を解決したりするべきなのに、一番身近にいる人たちが実は一番ひどくお互いを傷つけたりする。そんな暴力は仕方ないとあきらめる風潮まである。例えば、恋人やパートナーというコンセプト、恋人や他人との接し方の違い、そういった中にある当たり前をもう一度再構築したい。別に新しいものを作り上げるつもりはない。そういったものって、実は新しいものだと思われがちだけど、実は凄く古くから私たちの身近にあったんだと思う。ただ、みんなそれに気付いてないだけ。

When I think about Sex Ed, I don’t really think about health or (sexual) positions, or even pleasure.

I’m really curious about expanding how we think about sex. I feel like at this moment in time and place, our thoughts about sexuality and sexual behaviour are extremely limited. The spiritual connection to sex, the sensuality, and I don’t mean feathers and roses kind of sensuality, but I mean the very basic human sensuality, the kind that allow children to be fascinated by running their hands under the water. Or, when you rub your face in a furry animal and it just feels so good – that kind of primal connection to our sensuality. I feel that the detachment from that kind of sensuality is alarming and I would like it to be more available to all of us. Of course, it is also of extreme concern to me the kind of violence that we do to each other within the realm of sexuality that includes relationships and how possessiveness and fear rule a lot of relationships. Instead of communicating or problem solving as a team, often people who are in relationships end up being the people who are most antagonistic to each other. There is almost a sense that we ought to put up with that. The kind of contempt we see between partners. The way we talk to partners – in ways we wouldn’t talk to strangers, supervisors or people who work for us – really disturb me. I’m interested in re-imagining some of those things. Not so much for innovation’s sake, not because they are new, but because maybe they are really old. Maybe they are always there and we don’t take much notice.

どうして『Jam』という名前になったんですか?

How did the word “Jam” come up in your project? 

ビデオの中でも引用したけど、『セックスにおけるパフォーマンス・モデル(Toward a performance model of sex by Thomas Macaulay Millar)』という論文を以前読んだのね。この論文は私のお気に入りの本で見つけて、凄く心に響いたわけ。その論文の中で、彼は“パフォーマンス・モデル”の話をしてるんだけど、凄く興味深いと感じたと同時に、凄く混乱もした。だってパフォーマンスは“セックスのテクニック”とかを連想させるでしょ。それで、この論文の内容をもっと多くの人に伝えたいと思ったわけ。長い論文を読みたくない人も、ビデオなら見てくれるかもしれないでしょ。でも、どう噛み砕いて説明すれば良いか凄く迷った。この論文には“即興”という単語が度々出て来るんだけど、彼の言う “パフォーマンス・モデル”も実は“即興”の話なんだよね。

I read this essay called “Toward a performance model of sex” by Thomas Macaulay Millar, which is credited in my video. I read his essay in a book that I love and it blew me away. In that essay, he talks about the “performance model”. When I read it, I thought it was brilliant. At the same time I was confused by this idea of performance model because that makes me think of “sexual performance” and “how good you are”. I really wanted to share the content of that essay with the world. I thought, people may not read an essay that’s many pages long, but they may watch a video. In figuring out the wording and text for the video, I really had to figure out how I can explain the idea accessibly. Improvisation is one of the words that comes up because the performance model that Thomas discusses about is really about improvisation.

それで、“即興”といえば、ミュージシャンやダンサーが即興でジャムすることと結びついて、果物のジャムも連想させるから、凄く軽い言葉だったんだよね。押し付けがましさがなくて、どちらかといえば気軽に提案できて、「やってみようかな」と思わせてくれると思ったから『Jam』にしたんだ。

これだからトロントではお寿司を食べたくないのよ。

14 5月

この4月末でトロントに来てから5年が経過したわ。

顔のしわも、肛門のしわも増えて、順調に熟ゲイへの花道を歩むキャシー。

そんなベテランなトロントニアンになった今でも。

実はどうしても慣れないものがある。

IMG_3282

ええ、寿司よ。

寿司といっても、日本の寿司とトロントの寿司は少し違う。

この写真の寿司のように、良く言えば独創的な寿司なのよ。

悪く言えば、新鮮な魚が高く、寿司を知らない客層が多いから。

コストパフォーマンスが良く、トロントの人の口に合う寿司が定番化したのよ。

アボカドとか、てんぷらとか、カニカマとかフツーに入ってるし。

スパイダーロールとか、ボルケーノロールとか、無駄に名前がカッコいいし。

寿司職人さんが握ってくれるような正統派な寿司はなかなかないわ。

だからあたし、あんまりトロントで寿司は食べないのね。

友達の間でも、“寿司は食べないキャシー”で有名よ。

そんなあたしが今日はお寿司を食べに行ったのよ。

しかも、ヤングストリートに並ぶ安い食べ放題の寿司じゃなくて。

高級ホテルにあるワイン飲みながら食べるお上品な寿司に出かけてきたのよ。

というのも、うちの彼の上司がギフトカードをくれたのね。

「ここの寿司は本当に美味しいから。お母さんがトロントに遊びに来たときに連れていくといいよ。」

とそんな優しい上司を裏切って。

「せっかくトロントに遊びに来るのに、うちの母親に寿司を食べさせるのはもったいないよ。」

とうちの彼はそのレストランには行かず。

結局そのままになってたギフトカード。

それではさすがにもったいないし、上司の好意に対しても失礼なので。

オシャレなデートのつもりで、その寿司屋さんで彼とディナーを食べてきたわけ。

「うちの上司は味音痴だから期待しない方が良いよ!」

と彼から忠告されてたんだけど。

これだけ高級なレストランならそれなりの食べ物が出て来ると思ってたのね。

そのギフトカードのバリューは$50だったので。

ほたてフライ($10)

2人様舟盛り($43)

海老フライロール($12)

IMG_4086

と、$50を少しオーバーになるようにオーダーしたのね。

前菜のほたてフライがなかなか美味しかったので。

$43もしちゃう舟盛りはどんなものだろうと思っていたら。

扇形の木製のお皿に、(とても小さい)にぎりが10点。

そして、(これまた小さい)カリフォルニアロール、スパイシーツナロール。

それと、もう一つ他のロールと刺身が申し訳程度に乗っていたわ。

「あたしこれ食べたあとにさっき通り過ぎたフィッシュ&チップスのお店で夕飯食べるからね!」

とそれを見た瞬間に気が動転するあたし。

「まぁまぁ、ギフトカードで安く食べられるんだし。」

と彼になだめられて、やっと箸を伸ばしてみる。

とりあえず無難なサーモンにぎりを口に入れてみる。

アレ?

お米が…酸っぱくない。

このシャリ、まったく酢を使ってない。

チンコは酸っぱくない方が美味しいけど。

シャリは程よく酸っぱい方がお魚の風味が引き立つでしょ?

「もうマジでありえないんだけど!」

と彼を睨みつけながら、無言で舟盛りを平らげるキャシーたち。

「あれ?そういえば3皿目は?」

と、ふと海老フライロールがないことに気付くあたし。

「ほら、ここ。」

と舟盛りの端っこに並ぶロールを指差す彼。

まさか、この舟盛りが追加でオーダーしたロールまで乗せていたとは。

「この舟盛りのボリューム喧嘩売ってるでしょ?」

といい加減に堪忍袋の緒が切れそうなあたし。

ギフトカードがあったとしても、こんなものに$43+$12も払うなんて。

味の方も別にヤングストリートの安い寿司とそこまで差がないし。

なんだか悔しくて泣いてしまいそうよ。

「とっととお勘定して、フィッシュ&チップスに行くわよ!」

とキャシーが言うと、ギフトカードに手を伸ばす彼。

オシャレな封筒の中を覗いた彼はビックリした顔をして。

「オー!ノー!」

とか言うので。

神様お願いだからギフトカード忘れたとかやめて。

あんなお寿司に$55+税金(13%)+チップ(15-20%)も払いたくないわ。

と心の中で祈りながら、恐る恐る聞いたのね。

「何よ?」

そんなあたしを申し訳無さそうに見て。

「ギフトカード、$50かと思ったら…。」

「いくらだったのよ?」

「$150だった。」

それを聞いて爆笑するあたしたち。

「なんで来る前チェックしなかったのよ!」

「だって隠れてて見えなかったんだもん!」

「$150もあったら、こんな寿司じゃなくてロブスター&ステーキもオーダーできたじゃない!」

と呆れ果てたわ。

「また来る?」

と彼が苦笑いしながら言うので。

「絶対来ないわ!」

ときっぱり断ったあたし。

「しかし、こんな寿司に$100も出して食べる人がいるのね。」

と言うあたしたちの近くのテーブルでは。

白ワイン飲みながら美味しそうにフォークで寿司を食べるカップルがいたわ。

そんな後味の悪いディナーを終えても、帰り道笑いっぱなしのキャシーたち。

ああーん。ロブスター&ステーキ食べたかった。

LGBTコミュニティのメンタルヘルスとサポート。

8 5月

先週の金曜日、数年話すことのなかった知り合いからメールが届いた。

彼云く、私たちの共通の友人が亡くなったらしいとのこと。

何かの間違いだろう。

きっとタチの悪い冗談に違いない。

そう願いつつ他の友達に電話して確かめると、どうやら冗談ではなかったようだ。

「亡くなったって、彼まだ23歳じゃないか」

「きっと自殺だと思う」

そんな会話の後、二人ともシーンとなった。

この友達とは、トロントに来てすぐに知り合った。

キャシーより若い彼は、留学生としてはあたしの先輩だった。

2008年や2009年あたりのアルバムには、あたしたちの写真がたくさんある。

しかし、少しずつ疎遠になり、最近では遊ぶこともなくなった。

それでも彼は常にあたしの仕事をサポートしてくれていて。

「キャシー、カミングアウトしたばかりのゲイの子と知り合ったから今度紹介するよ。いろいろ助けてあげて。」

そんな優しい人だった。

彼と最後に会ったのは昨年の夏だ。

ゲイタウンのスタバの前でばったりすれ違ったあたしたちは少し立ち話をした。

彼はとても疲れていて、目に力がなかったのを覚えている。

きっと仕事が忙しいんだろうと、あまり気には留めなかった。

「最近、彼凄く落ち込んでいるらしいよ。大丈夫かな。ちょっと心配してるんだけど。」

そんな言葉を他の友達の口から聞いても、あまり気には留めなかった。

彼なら大丈夫だろうと、勝手に思っていた。

何かしてあげようにも、あたしは彼の近くにいなかった。

たとえ側に居たとしても、何ができたんだろうか。

そのニュースを聞いた次の日、ハイパークにさくらを見に行った。

彼とも数回、この場所に来てさくらを見に来たことがあった。

いつもさくらの満開を逃してた私たちだったけど。

今回に限って、さくらは気持ちがいいくらい満開だった。

199545_1977207550029_7148971_n

今日、彼のお葬式に参加してきた。

正直まるで実感がなくて、朝からテンションがおかしいことになっていた。

しかし、安らかに眠っている彼の姿を見て。

「ああ、もういないんだ。」

と、ゆっくり時間が湧いて来た。

横たわる彼の横で、生前の写真のスライドショーをふと見ると。

キャシーが彼にハグして、二人で変顔してる写真が映った。

思わず笑みがこぼれて、そのまま頭の中が真っ白になった。

メンタルヘルスはLGBTコミュニティの中では大きな問題である。

ゲイ男性がうつになる確率がストレート男性の3倍以上だという研究結果もある。

トランスコミュニティなんかは、それをも遥かに上回る。

トランスジェンダーのサポートグループを運営する友人の話では。

一時期オフィスに入る度に誰かが自殺したというニュースを聞かされたとか。

LGBTの市民権獲得とか、同性婚とか、そういうことばかりが脚光を浴びるけど。

コミュニティの中の人が健やかに暮らせる環境づくりも忘れちゃダメ。

今はそうしたサポートが本当に欠けていると思うのよ。

彼は友達もたくさんいて、キャリアも順調だった。

そんな彼の自殺に多くの友人が驚いた。

「彼の調子が少しおかしいと思ったときに、もう少し声をかけてあげられたらよかったのに、どうして何もしなかったんだろう。」

そんな風に後悔する人も多くいた。

風当たりの強い世の中で強がって生きるあたしたちだからこそ。

本当にお互いのために側に居て、支え合う必要があるのよ。

余裕があるなら話を聞いてあげたり、支えになってあげる。

苦しいのならゆっくり休んだり、助けを求めたりする。

こう言うのは簡単なのかもしれないけど。

ギリギリになるまで自分を追い詰めちゃダメよ。

とりあえず、今日は書くのをここまでにしよう。

これからプライドの季節に突入して行くけど、いろいろ考えることになりそうだわ。

東京レインボープライド、トロントプライド、そしてイスラエル問題。

4 5月

トロントのハッテン場キング(凄い称号ね)であるピーターが先日亡くなった。

Toronto’s bathhouse king, Peter Bochove, dead at 65

キャシーが以前仕事でよく訪れてたハッテン場のオーナーでもあった彼。

実はトロントの同性愛運動に大きく貢献したアクティビストでもある。

トロントのプライドパレードは警察によるハッテン場摘発への反抗から始まった。

20120626-PrideHist-RaidProtest

一晩で300人もの人が逮捕されたハッテン場摘発の夜。

当時もハッテン場オーナーだったピーターはタオル一枚で警察に対応した。

警察による摘発でハッテン場は破壊され、営業停止を余儀なくされた。

偏見に満ちた差別的な警察の行為で多くの男性の唯一の居場所を奪われ。

レズビアンやトランスコミュニティも巻き込み。

2月という寒い時期に大規模なデモ行進がトロントの街に沸き上がった。

そのデモ行進が今では北米でトップレベルの祭典、プライドパレードになった。

「みんな肌晒して踊っちゃってプライドって痛いわ。退屈しちゃう。こんなつまんないイベント来なきゃよかった。」

とか言ってるストレートの方とかたまにいるけど。

そもそもあなたを楽しませるイベントではないのでね。

地球がいつもあなた中心に廻ってると思ったら大違いよ。

意味が薄れつつあるプライドパレードでも、その歴史は忘れないでほしいわ。

そんなピーターさんとは数回一緒に仕事をさせてもらったけど。

気さくでユーモアがあって楽しい人だったわ。

本当に、トロントは惜しい人を失った。

彼のレガシーであるハッテン場、SPA EXCESSはせめて末永く生き残ってほしい。

仕事でSPA EXCESSに来た楽しそうなキャシー(↓)

45779_1608421770615_5754639_n

ちょっと前置きが長くなってしまったけど。

今日は少しプライドパレードの話でもしようと思うのよ。

ほら、先週東京レインボープライドだったじゃない?

今年のパレードには2100人以上が歩き、12000人がイベント自体に参加し。

例年以上に団体や企業、そして大使館がブースを出してサポートを表明した。

ある意味、トロントのプライドの方向に進み始めたようにも見える。

今年は一時帰国できず、パレード参加できないキャシーは肉棒(指)を咥えながら、ツイッターで楽しそうにマーチをしている方の写真も見ていた。

当時に、今回のパレードに関する反応も追っていたわけよ。

ほら、イスラエル大使館も公式参加しちゃったでしょ?

一部のメディアでは手放しにスポンサーやパートナーの増加を喜んでたけど。

「在日でゲイ」のハルキさんの『日本のゲイパレードのあり方』という記事なんかを筆頭に、この件を喜べない方も多かったのよ。

イスラエルと東京レインボープライドの繋がりがよくわからない方はキャシーが昔書いたこちらの記事を読むことをおすすめするわ。

パレスチナ問題とゲイの人権の意外な繋がり。

イスラエルは本当にゲイの人権を尊重しているのか。

東京レインボーパレードのセレモニーではイスラエル大使館も公式にスピーチをしたようで、その際に参加者の中には反イスラエルの抗議サインを掲げる人もいたらしい。

マサキチトセさんが書いた『Read before you write about LGBT politics in Japan(英語よ!)』という記事でも、今年の東京レインボーパレードを鋭く批判している。

そんな賛否分かれる東京レインボーパレードの方向性について。

そのまま先に進めばいいのか。

ここで方向性を見定めるのか。

運営に携わる方はぜひ時間をかけて考えてほしい。

先ほど方向性が似ていると言ったトロントのプライドだけど。

年を重ねるごとにデモ運動からお祭り騒ぎに変わって行き。

今では大人気な観光イベントと化してしまった。

それが良いか悪いかという話はまた別の機会にして。

そんなトロントプライドは、企業スポンサーや資金提供をしてくれるトロント市に媚びるようになり、コミュニティがすっぽり抜け落ちた状態になった。

もちろん、そんなことで黙っているLGBTコミュニティではなく。

数年前にはイスラエル問題で危うくプライドがキャンセルされるところだった。

一連の事件をまとめた当時の記事はこちら。

ゲイプライドは、誰のもの?

パレスチナ支持の反イスラエルLGBT組織へのトロントプライドパレード参加禁止令。 

ゲイパレードの精神とトロントプライドの戦い。

反プライドトロントのキャンペーン。

プライドトロント2010年幕開け!

ここ数年ずっと反イスラエルクィアグループの参加の是非を巡って、トロントプライドの土台はグラグラ揺れている。

この反イスラエルクィアグループ(Queers Against Israeli Apartheid)には、数多くのクィアアクティビストが在籍していて。

イスラエルによるパレスチナへの攻撃や。

イスラエルの政治的目的によるLGBT支持を批判している。

トロント市は2010年にプライドトロントに対して、このグループの存在が「ヘイトスピーチ」にあたるため、彼らの参加を拒否するように要請した。

多くの企業スポンサーも彼らを目の敵にし、彼らがプライドに参加すれば、プライドトロントへの資金提供を金輪際しないと表明した。

一方、多くのコミュニティメンバーはプライドは政治的なものであるし。

誰にも反イスラエルクィアグループの参加を拒否する権利はないと主張した。

「市やスポンサーからの資金提供がなくてもプライドはできる!」

とヤル気になったコミュニティはこんなオーガニックなパレードも企画した。

こんな状況下で規模が肥大化したプライドを運営する側も気の毒なのだが。

彼らは2010年にコミュニティから大批判されたのをきっかけに変化も見せている。

今年もあと2ヶ月までトロントプライドが迫ってきているんだけど。

やはり反イスラエルクィアグループがニュースを賑わせている。

4月にトロント市が「反イスラエルクィアグループは市の規則に反していない」という公式声明を出しているにも関わらず。

ward5_hires_james_pasternak

右翼でユダヤ系市議員であるJames Pasternakはしつこくこの問題を追求し。

「反イスラエルクィアグループのプライドへの参加を拒否すれば、プライドトロントにボーナスを渡そうではないか」

とこのような問題発言まで公式で言い放ったのよ。

ねぇ、それって賄賂じゃないの?

2010年に市の要求を鵜呑みにしたプライドトロントも、今回ばかりは。

「たとえボーナスをもらおうと、何も問題のないグループの参加を拒否することはできない!」

と、きっぱり応対した。

そんな泥沼なトロントプライドを追いかけたい人はこちら。

Pasternak offers Pride ‘diversity bonus’ if it excludes QuAIA(英語よ!)

と、ここまでダラダラ長く書いてしまったけど。

最後に結論というか、要点をまとめるわ。

プライドパレードは本来政治的なものなのよ。

社会の不平等や権力や筋の通ってないことへの批判なのよ。

権力を振り回し、LGBT支持を道具にする政府が存在感たっぷりだったり。

プライドにブースを出す一方、労働者を人扱いしない企業が主役顔だったり。

そんなことではせっかくのプライドが矛盾してしまう。

だからこそ、ゲイやLGBTという枠ではなく、広く深く問題意識を持つべきだと思うのよ。

トロントの肥大化したプライドに比べて、東京のプライドはまだまだ成長中。

コミュニティからの声が届いて、東京らしいプライドに育って行くことを願ってるわ。

キャシーもコミュニティで働く身だから、こんな規模の大きいイベントをほぼボランティアだけで運営する大変さはよく知っている。

こうして東京にプライドパレードがあることにも感謝したい。

来年は是非、あたしも参加したいわ。

語りすぎたので、今日はここまで。