アーカイブ | 6月, 2008

パーティー!パーティー!

27 6月

週末のプライド・トロントに向けて、街が盛り上がって来ましたよ!

blog_import_4d22853d3ee64

昨日、トロント最大のショッピングモール・イートンセンターを通りかかったら。

ゲイが大好きなブランド・DIESELがこんなゲイ向けのプロモーションをしてました!

翼が一つしかない堕天使・・・ステキ★

このモールで、友人と待ち合わせて。

2人でPride Kick Off BBQへと行ってまいりました!フリーBBQです。

目的はもちろんタダ飯

トロントの学生はお金が無いのです。

BBQでは、数人の有名そうなアクティビストが壇上でスピーチをされていたんですが・・・。

何せ、使っている英語が難しくて、全然理解できず。

でも、趣旨は大体つかめました。

「トロントにおけるゲイの権利は確立しつつあるが、

この街のゲイの間には人種問題や経済格差があり、平等にはまだ程遠い。」

ステキなお言葉です。

blog_import_4d22853e60b16

タダ飯をいただいた後、歩いてトロント大学へ向かうことに。

その途中のチャーチ・ストリートの露店で、パーティーを発見!

インディアンやら、海軍やら、ドラァグクイーンがストリップしてました。

きゃ~!きゃ~!叫びながら、群がる自分(笑)

blog_import_4d22853f876d9

みんなモッコリしすぎです。

このお祭り騒ぎで、テンションも上がったので。

そのまま今日の本番である、トロント大学のLGBTパーティーへ参戦しに行きました!

昨日入ったキャンパスは、ステキなお城のような場所でした。

このどっかの教室で、少人数でパーティーしてるんだ。

と思って、友達についていくと・・・

blog_import_4d228540ad325

何コレ!?

軽く200人以上は居る!

しかもイケメンだらけ!

なのに、髪の毛もちゃんとセットせずに、どこまでもナチュラルな自分。

中には、テーブルが並べられていて。

奥に行くと、バースペースダンスフロアがありました。

野外のダンスフロアなんて初めてだったんで。

クラブが苦手な自分でもなかなか楽しめました!

で、トイレに行こうとしたら。

可愛い警備員さん発見!

彼ってゲイなのかな?とか考えていると。

警備員さんもずっとこっちを見てくる。

気のせいよね。

と思って、そのまま通り過ぎようとしたら・・・

微笑みかけられた!!!

これって・・・ハッテン場の合図じゃない?

と、その後もトイレ行く度に。

微笑みかけたり、微笑み返されたりの繰り返し。

もうそろそろ話しかけてみようかな、とか考えていると。

水を飲んでいる僕のそばに彼が近寄ってきた!

で、隣に立って、おもむろに周りを見渡している。

チャンス!!!

と思って・・・

「Hi! Nice to meet you! I’m…」

と挨拶してみると。

アレ?

反応が薄い。

音響が凄くて、聞こえなかったのかな。

と思って、手を差し出して、もう一度声かけてみる。

そしたら・・・

もの凄い苦笑いをされて、会釈だけで、違うとこ向いてしまいました。

あ~~~。この人、ノンケさんだったかもしれない。

寄りにもよって、ノンケさんをナンパしてしまうとは。

ゲイアンテナが鈍ってきてるのかな。

次にトイレに行ったら、警備員が交代してました。

「あのゲイ、気持ち悪いよ~!俺に声かけてきたよ~!」

とか言われてないといいんだけど。

はぁ・・・。

とまぁ、そんな恥ずかしい思いをした一夜でした(笑)

でも、友達もたくさん出来たし。めっちゃ楽しかった!

何より、まる1日遊んで、使ったのは交通費だけという驚愕の事実。

さて、今夜はハッテン場に行ってまいります!

ボランティア・スタッフとしてトロントのハッテン場の様子をリサーチしてきますよ!

お楽しみに~♪

広告

オカマの知恵袋。

26 6月

最近、ちょっと潤ってたりするんですけど。

昨日、カナダのオカマ友達にちょっとばかり恋愛相談をしていました。

「彼ね。もう2回もデートしてるのに・・・手も握ってくれないの。」

「お茶だけして、マジメに帰るなんて・・・彼、インポなのかしら。」

「はっ!!!・・・あたしに興味がないのね。愛されてないよ!」

とか、過剰に書いちゃいましたが・・・こんな感じに友達に愚痴ってたわけです(笑)

したら、友達がドン引きしつつ、こんな一言。

「会ってすぐに、セックスしたがる方が愛していない証拠だと思うけど・・・」

たしかに!!!

ゲイ業界の常識にとらわれすぎていました。

日本で、ゲイ同士がお互いのこと気に入って、ご飯に行くとするなら・・・

ほぼ100%、食後のデザートにお互いを召し上がります。

これ(たぶん)ゲイの常識です。

僕だけの常識だったら・・・ううん。そんなこたぁないはず。

その後、その友達から延々とお説教をされてしまいました。

blackgaydating-HeMeetsHim1

そんな彼の恋愛観をまとめてみました。

 

その一。

初デートのとき、相手がよく知らない人なら。

必ずデートコースを決めて、友人に予め知らせておくこと。

そうすれば、緊急事態にも対応できる。


そうですよね。

ここはトロント、いくらアメリカより安全だとは言え・・・日本よりはるかに危険

簡単に知らない人とデートして、何かあればそこですべて終わり。

 

その二。

自分がネコかタチか、ハッキリ言わないこと。

トロントのゲイ、特にアジア人ゲイはハッキリ言われるのを好まないらしい。

だから、自分の求めるタイプと、自分が与えられるものを書くそう。

 

ネコタチって要は。

セックスのときに入れる方(タチ)か、入れられる方(ネコ)かって話なんですが。

日本だと意外とこだわる人が居て、タチはリードネコは受身とか勝手に思っている方も。

でもそんな単純なものでもなく、実は複雑なネコタチの関係です。

それがここトロントで、曖昧化されているのはなかなか面白い現象です。

 

その三。

職についている社会人は、基本的に学生とは恋愛関係にならない。

だから、簡単に体を許せば、相手は楽しむだけ楽しんで、すぐ他に行くそう。

社会人とそういう関係になりそうな時は、特に気をつけること。

 

これは所得の問題なのかもしれませんね。

日本だと学生でも、バイトでいっぱいお金稼げて、社会人とデートしても経済格差が少ない。

でもトロントはお金を稼ぐのが大変なので、学生は社会人のデートについていけない。

デートは割り勘っていう習慣もあるらしいので、そこらへんが関わってそう。

他にも、いろいろとトロントのゲイカルチャーを教わりました。

似ているようで、細かいところでいろいろ違うんですね。

ちょっと、というかかなり参考になりました。

でも、これはあくまで一人の意見なので、鵜呑みは危険です。

好奇心旺盛の自分だから、きっと後日自論をまとめていることだと思います(笑)

トロント大学のインディージョンズ。

24 6月

昨日は、トロント大学に潜入してまいりました。

とりあえず、友達に駅に降りればそこがトロント大学だよって言われてたので。

駅の目の前にあるのか・・・って思って降りたら。

大学っぽい建物は見当たらないけど・・・?

友達が迎えに来るまで時間があったので、散策するも一向に見つからない。

で、少し遅れて来た友達に聞いてみると・・・

この街が自体がトロント大学なんだよ!

と爽やかに返されてしまいました。

すげ~~~。早稲田大学で大きいとか思ってましたが、比じゃない。

まぁ、トロント大学については、また時間があるときにして。

昨日の目的は、ボランティアのミーティングです!

今週末のプライド・トロントで。

ゲイバイ男性MSM(Men who have Sex with men)を対象としたリサーチを行います。

もっと少人数のボランティアかと思って、会議室に通されると・・・

いや~。人がいっぱーい。しかもみんな研究生やら、教授関係っぽい。

学生、僕たちだけ?

もう怯んでも、居られないんで、とりあえず中に入る。

ゲイスタディーズをやっている教授がいるから、紹介するよ!

と、友達に言われて、その方に会いに行くことに。

どうせ5、60歳のおじいちゃんゲイだろうと期待してなかったのに・・・

若い!

もう超海の男!

っていうか冒険家?

若かりし頃のインディージョンズって感じです。

そのままの格好でインディージョンズに出演しても違和感まったく無い感じ。

パイカリジャックスパロウ船長に見えなくもない感じです。

2b2bf055879c38ccc5b918b6d572b3ec

しかも、パートナーが犬っていうのがステキ。

blog_import_4d2285333fa88

会議室の真ん中で、ぐっすり眠るこのわんちゃん。

すっかりみんなのアイドルになっていました。

で、何を思ったのか・・・

インディー先生からこんな指示が・・・

「この会議室の中で、自分と一番誕生日が近い人を見つけて、共通点を探して!」

うわっ!ハードル高い・・・。

でももうここまで来たら、ヤケクソです。

だから、通り過ぎる人全員と挨拶、自己紹介をしました。

で、見つかったのが黒人の綺麗な女の子

インディー教授の以前の学生さんだったようで、仲良く話が弾みました。

ちなみに共通点は、コーヒーが大好物!

その後は、ボランティアについての説明だったんですが・・・

説明も、質疑応答も専門用語が多すぎて、一人ポツンとしていました。

ボランティアで何をすればいいかは理解したんで・・・とりあえず一安心。

ボランティア当日の様子は、次週お楽しみに!

こうやって、どんどん人脈広げて、トロントのゲイコミュニティに潜入するぞ!

あっ・・・インディー先生の花嫁候補にもならなくちゃ!(え?)

既婚者ゲイ。

23 6月

カナダに来てから、目新しいのが既婚者ゲイの存在です。

もちろん、女性と結婚しているわけではありません。

女性と結婚して、子供までいるゲイなら日本に山ほど居ます。

カナダの既婚者ゲイは、ゲイ同士で結婚しています。

gaymarriage_2245445b

というわけで、手が出せない・・・(笑)

日本では、ゲイ=独身なので、そんなことを気にしたこともありませんでした。

今、ボランティアで参加しているゲイコミュニティセンターのACASで。

もう超!超!超!イケメンさんが働いております。

身長高くないけど、雰囲気がめっちゃ色っぽいんです。

ささやくような声と、少年のような笑顔、気遣いのうまいお兄さんキャラで・・・

そしてエロ目!(ここ大事)

でも既婚者なんですよね・・・目の保養にはもったいないのに。

でもでも、パートナーさんとは遠距離だから・・・うふふ。

とか、思ってたら・・・

オープンリレーションシップを結んでいました。

オープンリレーションシップとは・・・

解釈が人それぞれだと思うんですが。

要は恋人、夫婦間以外のセックスやデートも許す関係です。

メリットも、デメリットもありますので、良いか悪いかなんてナンセンスな話はやめましょ。

で、聞いてたら、回りのその人に対する評判がもう凄い!

「トロントのアジア人ゲイは全員彼につばつけられているよ!」

「彼と一緒にボランティア行くの?食べられないように気をつけてね~!」

「でもパートナーと久しぶりに会うと、絶対泣くのよ~!」

と散々でした。

みんな本人の前で言うんで、そういうキャラなんでしょうね。

というわけで、チャンスを伺っているキャシーです。

既婚者ゲイつながりで、もう一つお話があります。

先日、タイ人とカナダ人のゲイ夫婦宅にコリアン・バーベキューに誘われたんですよ。

でもひょんなことから、ノンケさんがその場に混ざってきました。

というわけで、みんなでうまく誤魔化すことになりました。

家に到着すると、すぐにタイ人の奥様(もちろん男)が中に招いてくれました。

どうやら、今日はカナダ人のパートナーさんは留守にされていたようです。

家に入ると・・・

大きいグランドピアノが置いてありました。

さっそくノンケさんが・・・

「ピアノをされるんですか?」

するとタイ奥様・・・

「ああ、私じゃないの。うちのパートナーさんがやるのよ。」

と、唖然な返し。

ノンケさん、英語勉強中の留学生さんなので、自分が間違えたのかと思ったらしく・・・

隣のゲイの友人に・・・

「パートナー?ファザー?」

ゲイの友人は素早く・・・

「パートナー!!!!」

と言い放ち、もう質問させないオーラを漂わせて、この難関は乗り越えました。

その後も、何回もパートナーさんの話が出てきましたが。

ノンケさんはそのたびに、複雑な表情を浮かべていました。

にしても、トロントなんて遊ぶところなくていや~!!!

とか思ってたけど、こうやってゆっくり暮らすゲイ夫婦見ると。

それも悪くないなと思うようになりました。

3階建ての一軒屋に、ネコ一匹と3人暮らし。ひゃぁぁぁぁあ!うらやましい!

 

いい男は既婚者かゲイ

 

という有名な言葉がありますが・・・

今はゲイも結婚してしまう時代なのです。

ゲイ週間開幕です!

23 6月

カレッジの英語コースの期末試験終わった~~~!!!

僕はもう自由の身だ~!

これから一週間、ゲイ活動に集中するぞ~!

で、テストが終わってすぐにダウンタウンに移動。

そう。今日はセーファー・セックス・ワークショップがあるんです!

セーファーセックスとは、性感染症などのリスクをできるだけ減らす、セックスのことです。

コンドームの正しい使い方とか、どうすればHIVを防げるかとか、みんなで考えます。

目的はもちろん・・・男!

セーファー・セックスを心がけるステキな殿方を探しに行きました(笑)

で、ACAS(ゲイコミュニティセンター)に到着すると・・・誰もいない。

アレ?

と、思ったら、日にち間違えてました・・・。

でも、友達が施設内で勉強していたので、誘い出してみんなでパーティに行くことに!

トロントは6/23-6/29の一週間、さまざまなLGBTイベントを開催します。

そうそう。プライド・ウィークです。

で、その開幕パーティが例のWOODY’S前回日記参照)であったんです。

先週、あの最悪な援助交際デートで入ったバーですよ。

もちろん、そんなことはお構いなしです。

バーに入ると、もう凄い人!人!人!

席を見つけるのも一苦労でした。

お酒も頼まずに、テーブルに盛り付けられたフルーツにがっつく自分。

そう。留学生はお金が無いのです。

でもこれがいけなかった・・・。

あと、今回は、ちゃんと内部の写真を撮影してまいりましたよ!

WOODY’Sの内装はかなり派手です。

今回、一番奥まで入ってみたんですが・・・もうめちゃくちゃ広いです。

でも、一緒に来た友人が退屈だ!退屈だ!って言うんで・・・。

向かいのゲイクラブ、クルーズ&タンゴに移動。

そう。前回の援助交際デートで入り損ねたお店です。

今回はパスポートを持参して、難なく入店!

このクラブでは、毎日ドラァグクイーンのショーをやっています!

しかも奥に広いダンスフロアもあって、若者はこのお店によく来るとか。

ドラァグクイーンの選曲も楽しく・・・

リアーナ(エラ・・・エラ・・・)からスパイスガールズ(ワナビー!ワナビー!)まで。

ゲイ好みの曲だらけ!

でも、踊りを強要されるし、踊らないと・・・リップシンクの合間に怒鳴ってきます!

自分はタイでドラァグショーでステージから絡まれて。

危うくステージに上げられそうになりました。

でも英語ができなかったので、そっぽを向かれて。

ひどく恥ずかしい思いをした経験があります。

というわけで、観客に絡みだす前にそそくさと退散。

で、もう一度WOODY’Sに戻ると・・・

ACASのスタッフさんがイケメンゴールデンエイジゲイを数人連れて飲んでいました。

ゲイのゴールデンエイジとは25-35だと勝手に思っています。

顔も、体も一番色気づく時期で、しかもお金もあるので、装いも完璧!

でもお高い世代なんです!

そこに混ぜてもらうと・・・

「彼氏いるの?」

「いないですぅ~。」

「本当にいないの?」

みたいな感じでけっこうみんなから好感触で、楽しくワイワイできるはずが・・・

なんだか、吐き気が・・・(まさかイケメン見すぎて、想像妊娠!?)

頭痛もしてきて、クラクラしてきたんで、謝りつつ帰宅いたしました。

で、案の定、食べたフルーツたちをすべて戻してしまいました。

お酒を1本しかオーダーしなかった罰かしら。

というわけで、せっかくのイケメンたちとの宴を投げ出してしまったわけです。

なんと惜しいことをしてしまったんだろう。

後から、聞いたんですが・・・

海外のクラブでは、自分のオーダーした以外のものは極力避けるべきらしいです。

なぜなら、非合法ドラッグとか平気でドリンクに混ぜて飲ます人が居るらしいし。

テーブルに陳列された食べ物なんて簡単に何か仕込めます。

僕も気付かないうちに何か変なドラッグ飲んでないといいけど・・・

というわけで、みなさんも気をつけて!

食い意地を張っていいのは、日本だけ!

BBQ=ハンバーガー

20 6月

自分が通っているカレッジの話。

というか、これは北米全体の常識なんでしょうか?

BBQが全然BBQじゃないんです。

僕が間違っていなければ、BBQはこんなイメージ。

があって、野菜があって、魚介類も混ざったり・・・

ソーセージは焼いたとしても、ハンバーグなんて邪道!!!

日本のみんなは同意してくれるはず!

でも、トロントで数回BBQと呼ばれるイベントに参加したのですが・・・

3回ともハンバーガーホットドッグでした。

これがBBQ!?

1回目はね。

雨だったから、急遽ハンバーガーに変わったんだって思ったの。

2回目はね。

快晴だったし、まったく予定変更の必要とかないのに、やっぱりハンバーガーだったの。

そして、今日は3回目だったんですが・・・

やっぱりハンバーガーホットドッグ・・・

ベジタリアンのために、ベジ・バーガーも用意しているのはカナダらしいけど。

野菜とか、お肉そのまま焼いたやつはやっぱり食えないのね。

でも、こうやって学生主体で企画するイベントに大学からお金が出て。

うちらはタダでご馳走にありつけるのは、やっぱり嬉しいです!

ちなみに、ハンバーグ焼いてたのみんなカナダ人のゲイ友達でした。

行列に並んで、ハンバーガーを配給を待っていると。

ハンバーグを焼いてた一人の友達が僕を見つけて、遠くから手を振りながら・・・

「Hey! How are you~?」

と声かけてくれて。

僕が挨拶返そうとする前に、一緒にBBQについて来た中国人の女の子が勘違いして。

「I’m fine. How are you~?」

と、なぜか狂ったようにその友達に挨拶をしてました。顔が好みだったのでしょうか。

で、僕の友達・・・

 

「Not you!!! I’m talking to that guy!!!」

 

と、一喝。

ひぇえええええええ!!!カナダのオカマ怖いわあああん!!!

おかげで中国人の女の子は、小さくなって隠れてしまいました(笑)

明日のテストが終われば、週末!!!

そして、来週末はプライド・トロント!!!

そして、そして、2週間と思っていた休暇が・・・1週間でした・・・。

サウジアラビア君とマドンナちゃん。

19 6月

今週で、カレッジの語学コースのレベルが一つ終わります。

2週間だけ、ちょっと早い夏休みがもらえます!!!

男探しに時間を費やせる!(勉強しろっつー話です。)

今日は、留学先のカレッジの話でもしようかと思います。

カナダって本当にビックリするほどリベラルなんですが。

留学生に囲まれていると、意外と日本より保守的だったりします。

そりゃそうですよ。なんたって周りは・・・

 

中国人(社会主義にして、人権なんてまるで無視なお国)

 

韓国人(男尊女卑や過剰な男性像が未だに残るお国)

 

サウジアラビア人(同性愛は死刑・・・)

 

だらけなんですよ。

だからか、カナダの人権観から大きく外れる人も多い。

そんなわけで、英語のクラスでは特別に時間を設けて。

人権(HUMAN RIGHTS)についてみんなで話し合います。

でまぁ、先生からこんな質問が・・・

「カナダで人々にはどんな権利と自由が与えられていると思いますか?」

もっと他にも、たくさん一般的な権利や自由があるのに・・・

「カナダでは、男と男、女と女が結婚できます!」

と答えてしまう自分・・・。

この瞬間に、サウジアラビア人のクラスメート数人にマジで睨まれました(笑)

こえ~~~!!!でも負けないわ~~~!!!

で、一人のサウジアラビア人が・・・

「同性婚ができると、人々はそれが正しいものだと思ってしまいます。」

と、教科書通りの保守派の発を先生へとぶつけてました。

さすがに、これにはちょっと吹き出しそうになりました。

だってこんな時代に、まだこんなこと言う人いるんだ・・・

ってクスクス笑ってたら。

ってそういえば去年、日本の大学の事務に同じようなこと言われたの思い出しました。

時代は変わったといっても、未だにこんな人は多いのです。

その意見に食いつこうとしましたが。

これからペアワークになったら殺されかねないので・・・(言いすぎ!)

その後、先生がステキなフォローで納めてくれました。

「あなたが信じる宗教で同性愛は禁止かもしれないませんが、人権を信じる人たちは同性愛者にも人権があると信じています。信じることは自由なのです。」

腑に落ちないサウジアラビア君ですが、返す言葉がなくなったようです。

230222_1022538403897_860_n

で、実は今このサウジアラビア君の恋敵になっております(笑)

同じクラスに凄く綺麗な中国人の子が居て、クラスのマドンナ的な感じなんですよ。

その子と凄く仲が良くて、いつも一緒に勉強しています。

カミングアウトも済んでいます。

授業中もよく近くに座って、休み時間もよくイチャイチャしています。

はたから見たら、まんま恋人です。

それが、ずっとその子を狙っているサウジアラビア君にとっては全然面白くないみたいです。

しかも、そのマドンナちゃんはこのサウジアラビア君が大嫌い。

そりゃそうです。

金持ちの親のおかげで。

ブランド物買いあさりツアー(留学つき)でカナダに来ている彼。

学校にマジメに来ないくせに、態度だけは人一倍デカい。

そんなサウジアラビア君を女の子たちが好きになるはずもありません。

僕は顔だけならけっこうかわいいと思うんですけどね(爆)

ある日、マドンナちゃんと一緒に歩いていると・・・。

後ろから急にサウジアラビア君が走ってきて、僕らの間に入って・・・

「マドンナちゃんは僕の女だ!」

と、ビックリなセリフ。ノンケ坊やカワユス。

さらに驚いたのは、マドンナちゃん

「あたしの彼氏はあなたじゃなくて、彼よ!」

と、自分に抱きついてくる彼女。

何!?あたしのために、2人が争っているの!?(違う)

そんなわけで、すっかり自分を目の仇にしているサウジアラビア君

授業中にマドンナちゃんと話していると、熱い視線を感じるの・・・。

でもサウジアラビア君は成績があまりに悪いので、留年確定です。

次のレベルでは、熱い視線にも悩まされなくて済みそうです。

最初はあたしの英語を笑ってたくせに、いい気味よ!

というわけで、親が裕福で遊び半分の留学にいらしている方。

語学学校、語学コースはそんなあなたたちからお金を巻き上げます。

うちのコース、1回の留年で27万円増え1回の飛び級で27万円浮きます

そんな語学コースですが、いろんな人が居てなかなか楽しいです。