アーカイブ | 9月, 2008

セックス・ポジティブ・パーティ

22 9月

凄い一夜だった。

キャシー、今日は動けそうにありません。

恥ずかしすぎて。

何が起こったのかというと・・・

トロント大学ではこの一週間、新学期イベントが毎日ありました。

ゲイビアンバイトランスのためのイベントも毎日あったんです。

QO Poster - Final

大学がお金を出して、一週間毎日各キャンパスごとにクィア・イベントがあるなんて。

本当に夢のようです。

まぁ、キャシーはトロント大の学生じゃありませんけどね。

話が逸れましたが。

そんな一週間の最も山場となる土曜日。

僕の友人の家で、セックス・ポジティブ・パーティが行われました。

BOY’S NIGHT OUT

GIRL’S NIGHT OUT

ゲイ学生ビアン学生に対応して。

別々の家で、同時進行でパーティがありました。

僕は行くまでそれがセックス・ポジティブ・パーティだとは知らず。

ただの大学のゲイ学生交流イベントのつもりで行きました。

友人の家に入ると。

いろんな国のゲイ学生がお酒片手に話していて。

テーブルの上には、山のようにコンドームが積まれていました

さらにテレビではゲイもののAVが流れていました。

壁にはルールがあり。

1、写真撮影禁止。

2、パーティ・ドラッグ禁止。

3、セーファー・セックス推奨。

って、つまりコンドームを使って、セックスしろってことなのね。

そんなパーティに怯えるどころか、超はしゃいじゃったキャシー。

お酒をたっぷり飲んでから。

スピン・ザ・ボトル に参加!

普通のスピン・ザ・ボトルなら軽いキスで終わるところを。

強制ディープキスで、ベルトを外すまで口を離しちゃいけないルール。

すげ~!

すげ~よ!このパーティ!

パーティ終盤、キャシーはもう泥酔状態でした。

久々にアルコール口にしたら、ちょっとペース忘れて飲みすぎました。

覚えているのは。

友人にもらった。

Kiss me, I’m queer

って書いてあるバッジを見せて。

いろんな人とキスしまくっていたことです。

もう本当にアホ。

けっこう乗ってくる人がいっぱい居て。

最初は頬に僕からして。

で、向こうは口にしてきて。

キャシーはお返しに舌入れたり。

別にセックスしたい。とかじゃなく。

けっこうキスを楽しんでいただけのキャシー。

だからそれ以上は無くて、そこでまた違う人に移動。

でも、なんでか覚えてないけど。

キャシーのキスで本気になっちゃった白人の男の子が居て。

ずっとキスしてたら、キャシーも本気になってきて。

そのまま部屋に連れて行かれました。

ベッドには他の男の子も居て。

もうかなりわけがわからなくなっていたキャシーは。

白人の男の子とキスしながら、左手で彼のイチモツをさすり。

右手で隣に寝てたアジア人の男の子のお腹をさすり。

どう見ても、そのまま3P4Pに向かっていました。

ただ、そこでちょっと正気に戻る。

今日のパーティ、自分は特別に友人の好意で呼ばれただけ。

しかも、部屋には友達も普通に居るし。

別にこの白人くんとしたいのかというと、そうでもない。

急に、ぱっと立ち上がり。

「ここじゃ、あたしセックスしない!」

って言って、リビングに戻りました。

そして、白人くんがねだってくるのを断って。

ホストの友達に謝って。

パーティ抜けて、一人で帰ってきました。

っていうか帰り道の記憶は無いんですけどね。

本当に飲みすぎたし、やらかしすぎました。

キャシーは良くも悪くもノリが軽いので。

セックス・ポジティブ・パーティには参加しない方が良さそうですね。

お酒が入って、コンドームを忘れて、気持ちよくなって。

3ヵ月後に陽性になってたら、笑えません。

そんなわけで、今日は自己嫌悪を抱えながら、お家で反省しています。

倖田來未の新曲『TABOO』はゲイ一色。

21 9月

倖田ネェさんの新曲『TABOO』が凄いことになっています。

eGdkZHM1MTI=_o_koda-kumi-crazy-4-u

もう。

ゲイ!

ゲイ!!!

ゲイ!!!!!!!!!!!

って感じです。

『TABOO』のPVでは。

軍服でお姐さんたちと絡みまくります。

img88bb793czik6zj

クンニされる倖田ネェさん。

ついには、自分から襲い掛かる倖田ネェさん。

羊水腐ってる発言で失った女性ファンの穴埋めのために。

ゲイの支持を集めようとしているなんて意地悪は言いません。

安室奈美恵ちゃんに並ぶ、ゲイフレンドリーな倖田ネェさんだもの。

(2人とも、ゲイナイトに顔出したりするくらいゲイフレンドリーです。)

ただ。

一言だけ言わせて貰うわ。

倖田ネェさんってやっぱりちょっと考えが足りてないと思うの。

まぁ、これが事務所の戦略だとすれば、事務所の問題ですが。

『TABOO』

って曲名に。

ゲイがたくさん出てくるプロモって。

軽く一般層に、ゲイ=禁断ってイメージを植え付けているだけじゃないの。

しかもプロモ内ではゲイが全員セックスモンスター

もうどうかそのステレオタイプ捨ててくれないかしら。

セックスは好きだけど、人を襲ったりなんかしないわ。

以前にも。

「同性愛をイメージして、歌詞を書きました!」

ってアピールしてた異性愛者視線バリバリ『BUT』や。

(このPVでもゲイがセックスモンスターっぽかったわ)

ゲイを目の前にして。

気持ち悪そうな顔を浮かべちゃう『今すぐほしい』のPVなど。

何かとズレている倖田ネェさん。

同性愛の可視化に貢献をしようとしている天使なのか。

それとも、差別を深めようとしている悪魔なのか。

戸惑っちゃうキャシーでございます。

倖田ネェさんがリスペクトしていると公言しているクリスティーナ・アギレラは。

街角でキスをするゲイのカップルを含め。

偏見や差別に苦しむ人たちをPVに使って。

「You are beautiful.」「We are beautiful.」

と歌い上げていました。

このPVで、「We」と歌詞に使うのは大変な勇気です。

たとえそれが綺麗ごとに聞こえても。

差別される側に、足を踏み入れる勇気はありますか?

キャシーはありません(キッパリ)

倖田ネェさんもいつかこんな歌を日本のヒットチャートにぶち込んでくれないかしら。

そんな期待を込めて。

ハッテン場の恋。

20 9月

この木曜日金曜日

ハッテン場のアジアン・ナイト

ゲイクラブFLYアジアン・エクスプレスと連ちゃんで行ってきました。

たった2日間でしたが、ドラマ連発でございます。

何があったのかというと。

キャシーのワークショップの準備不足がすべての始まりでした。

木曜日にアジアン・ナイトに自分のワークショップを行う予定だったあたし。

企画を任されたのが2週間前

企画案が仕上がったのが1週間前

そしてご存知の通り、大忙しだった今週

もっと練って、練って、練りまくって完成度を高くしなきゃいけないのに。

すべてがあやふやなまま当日を迎えてしまったあたしのワークショップ。

元々、司会進行役は僕以外が勤めることになってたんで。

アジアン・ナイト直前に、ミーティングで僕のアイデアをすべて引き継ぐことに。

この司会進行役のお兄さんが凄かった。

カッコいいし、しゃべりも上手いし、何よりオーラがプロ!

キャシーの全然完成してないワークショップを見事にやり遂げてくれて。

ワークショップに参加していたキャシーも一安心。

そして、この次の日。

トロント最大のゲイナイトであるアジアン・エクスプレス

相変わらずコンドーム配りをやっていたキャシーでございましたが。

例のデート相手 が顔を出していました。

「今日、1階でコンドーム配ってるから!」

って声かけて。

お仕事に励むふりして、彼が来るのを待っていたのですが。

一向に来ない。

ちょ。

倦怠期のカップルじゃないんだから、来てちょっと話をしてもいいじゃない。

とかうっぷんが溜まってくるキャシー。

結局、仕事が一段落するまで彼は来ず。

ダンスフロアでショーを見ようと、でっかいスピーカーに寄りかかりました。

このスピーカーではいつもゴーゴーボーイが踊っていて。

332_1052287307601_1052_n

今日はどんなモッコリが居るのかしら。

とか思って、見上げると。

あれ?昨日のお兄さんじゃない!

すると、向こうもすぐに気付いてくれて。

スピーカーの上からハグされて。

「今日の髪型、可愛いね。」

って言われて、頬にキスされました。

昨日のミーティングで既にそういう気配があったけど。

やっぱり口説かれてるわ。

ちょっとデート中の彼にイライラしてたキャシーとしては。

絶妙のタイミングで、心揺れ揺れ。

でも確信は無いので。

ゴーゴーボーイのお兄さんが一休みしている間に少しおしゃべりして。

デート中の彼を探しに戻りました。

したら!

帰ってやがる!

ちょ・・・キャシーに電話の1本入れても良くない?

と、もうヤケになって、踊りつくすキャシー。

遊びに来てた友達抱えて、駅弁風カウボーイダンスとかやって、もうどんちゃん騒ぎ。

そしたら、いつの間にかゴーゴーボーイのお兄さんが自分の後ろにスピーカーに移動してて。

お兄さんが腕のスカーフを首につけてきたりして、ビックリなキャシー。

ちょっとスカーフが汗で濡れていたのが、またアゲでした。

イベントの終了時には。

友達たちの前で、特大ハグとキスをされて。

「じゃ、またね!」

とか最後までクールなお兄さんでした。

事前に友人たちに。

「今日、今デートしてる人が来てるの。」

とか言ってたから。

みんながみんなして。

「あれがキャシーのボーイフレンド?超プロじゃない!」

とか勘違いしておりました。

にしても、あまりにプロな口説き方で、すっかりメロメロなキャシーです。

遊ばれているのかもしれないけど。

お兄さん素敵だわ。

そんなイベント明けの土曜日の朝。

facebookで必死に彼を探しているキャシーでございました。

つくづく不幸な女だわ。

ゲイサークル再出動!

18 9月

今週は鬼のような忙しさでございます。

何に忙しいって。

今通っているカレッジのゲイサークルを復活させようと悪戦苦闘してたのです。

キャシーが5月に入ったこのサークル。

部員は居るのに、まったく活動がなくて、ほぼ壊滅状態でした。

でも、せっかくなんだから。

カレッジでもゲイ友達と遊びたい!

と思って、友人と密かにいろいろ計画を立てていました。

先週の金曜日は。

2人でテーブルを用意して、レインボーで飾って。

人が一番よく通る場所に座って、サークルのプロモーション。

332_1050146494082_8780_n

これ、けっこう勇気いるんですよ。

だってこれ。

「僕ゲイです!」

ってみんなに向かって言ってるようなもんですから。

そんなこんなで、頑張った甲斐があって。

なんと40人近くの新規メンバーを獲得しました!

いぇぇぇぇえええい!

掘れば掘るほど、出てくるんですね(イモみたいに言うな)

そして、キャシーはイベント・コーディネーターに立候補して。

これから月に数回はイベントを企画して行こうと思っています。

昨日はさっそく1回目のイベントに出かけてきました。

どうせ可愛い子なんて来ないよ。

うちのカレッジだもん。

可愛い子は違うところに居るもん。

とか必死に期待しないように頑張ってたんですが・・・

キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!(古い)

20歳、長身、イケメン、パイロット見習い!

あげ~~~~~~~~~~~~~~!!!

よくノンケはパイロットオカマはキャビン・アテンダントって言われますが。

オカマのパイロットよ!オカマのパイロット!

正直なところ、キャシー白人に囲まれて、英語を話すので精一杯でしたが(笑)

なぜか未だに白人恐怖症が残っていて、白人を前にするとうまく英語が出てきません。

他の有色人種だってネイティブなのに、何が違うのかしら。

早くこの白人コンプレックスを取り除きたいわ

ちなみに、昨日行ってきたイベントは。

LGBTユース向けに毎月行われているパフォーマンスイベントです。

入場無料で、サインアップすれば、5分のパフォーマンスが出来ます。

詩の朗読だったり、演技を披露したり、ドラァグショーしたり・・・

本当に楽しいイベントで、新入生も楽しんでいました。

ただ・・・。

なんか予想以上にパフォーマーに友達が多くて。

司会のドラァグクイーンも、カツラを外すまで気付かなかったけど、友達で(笑)

「きゃ~~~~!久しぶり~~~~!」

「きゃ~~~~!キャシー~~~~!元気してた???」

とか必死に隠してたオネエが溢れまくり

新入生にもすっかりパーティ・モンスターという烙印を押されたキャシーでございました。

まぁ、みんなが楽しんでくれただけでキャシーは満足だわ。

ちなみに今夜は、ハッテン場でスピン・ザ・ボトルです。

大丈夫かしら・・・。

雨の中の花火。

16 9月

たまには。

のろけちゃってもいいかしら?

っていうか、ダメって言われようと、のろけちゃうよ!

キャシー。

カナダに来て早くも4ヶ月と半月が過ぎました。

も終わった頃に、やっとが舞い降りてきました。

実は、土曜日にデートだったんです。

お相手は、以前2回ほどデートして、何もなかった28歳のリーマンさん。

香港生まれで、ガッシリ体を鍛えている爽やかなイケメンです。

先週はお仕事のオフだったらしく、食事に連れて行ってくれました。

2回もデートして、手と手さえ繋いでないから。

普通に友達として行くのかな?

とか思って。

デート中ぺ~らぺ~ら下ネタ言いまくるキャシー。

2人でIKEAで買い物して。

インディアン・タウンでインドカレー食べて。

帰りの車の中。

「何したい?」

って聞いてくる彼に。

さすがにアホのキャシーも雰囲気の違いに気付く。

あら。これデートなのかもしれないわ。

外は大雨だし、もうダウンタウン離れちゃったし。

特に何も浮かばなくて、ふと外を眺めたら。

遠くから花火が!

hanabi

花火を滅多にやらないトロントなのに珍しい!

と思って。

「あそこまで花火見に行こうよ。」

と少し無茶な提案をして。

花火がよく見える駐車場に車を止めて。

中から、雨空へと打ちあがる花火を見ていました。

これ・・・やばいロマンチックだわ!?

しかし、花火を見る振りして、首を傾けてみても。

肩さえ差し出してこない彼。

こりゃ脈なしだわ。

とあきらめて、花火が終わって。

「じゃ、帰ろっか。」

って言って、家まで送ってもらいました。

マンションの下で。

「今日はありがとう。もう今週でオフ終わりなんだよね。次、また遊ぼうよ。」

と社交辞令を交わして。

バイバイのハグをしようとしたら・・・

口にキスされました!!!

え?

不意打ちに驚きつつ。

キャシーの方からもフレンチ・キスをお見舞いして。

そそくさと車から降りました。

内心。

きゃ~~~~~~~~~~~~~~っ!!!

なキャシーだったんですが。

あんたその気があったんなら、早めに行動起こせや!

そしたら、セックスできたのに!

っていうか、もっと綺麗売りしとけばよかったわ。

って、文句もいっぱい。

この揺れ具合が乙女だわ(違う)

また早く次のデートを!

と思いつつ・・・今週は毎日イベントが目白押し。

っていうかお仕事が目白押しでございます。

春を逃しそうな、キャリアウーマンなキャシーでございます。

まぁ、お仕事ってコンドーム配りなんだけどね(笑)

エイズ・ウォークに参加!

15 9月

日曜日の昨日。

トロントのダウンタウンでは大規模なウォーキングがありました。

その名も、エイズウォーク です。

このエイズ・ウォークというのは・・・

1985年にアメリカで始まったエイズ患者への寄付金を集めるイベントです。

ここカナダでも、毎年各地でエイズ・ウォークが行われています。

トロントのエイズ・ウォークは、今年が20周年でした。

というわけで、みんなで。

「20周年~~~!!!」

って祝福して、ウォーキング開始です。

ウォーキング直前のステージでは。

ABBAのヒット曲と一緒に、超ゲイゲイしい司会者が踊っていて。

本当にめちゃくちゃゲイを意識したイベントにもなっていました。

参加者はみんな赤いシャツを身に付けていて。

エイズの象徴であるレッドリボンを意識していました。

キャシーも同じく、胸にごちゃごちゃレッドリボンやら、バッチやら付けておりました。

イベント中にカメラマンに声をかけられて。

「写真撮らせてもらってもいいですか?」

って言われて。

超ノリノリでポーズ決めたら。

「あ・・・。胸だけでいいです。」

とか胸だけ撮り逃げされました(涙)

いったい、どういうこと!?

こちらはキャシーが所属するACASのグループです。

332_1050668227125_7668_n

ウォーキング中盤から後半にかけては。

キャシーを始めとする若くて、ぴちぴちなユースたちが先頭を歩いて。

トロントの中心街、ヤン通りを超ハイテンションで駆け抜けました。

もうめっちゃ気持ちよかったです。

ウォーキングの終盤では。

チャーチ通りにあるエイズ・メモリアル・パークも通りました。

みんな一つずつ、花を公園の中心部に静かに置いていきました。

ちなみに。

この日の天気予報は本来大雨だったんですが。

写真を見ての通り、ウォーキング中はビックリするくらい晴れ渡りました。

キャシーは日焼け止め塗ってこなくて、一人で大パニックでしたが。

結局、昼間に降らなかった雨が、夜に大嵐となって舞い降りることに。

プライド・トロントもそうでしたが・・・

雨予報がこんなにもひっくり返るなんて、珍しいです。

やっぱりゲイパワーって凄いわ!

ゲイイベントは必ず晴れる!

ってジンクスは何気にバカにしちゃいけませんね。

ちなみに、よりのもよって同じ日に。

テリー・フォックスのガン患者募金イベントも違う場所行われていました。

ガンエイズ、どちらも大変な病で、よく比べられますが。

その大きな違いは、やはり社会からの目でしょう。

治療薬が大幅に進歩したエイズ治療ですが。

家族や友人による偏見がストレスになって、病状が進行するケースも多いそうです。

うちの父はガンで亡くなったんですが。

亡くなるまで、家族や親戚、友人からのサポートは凄いものでした。

しかし、エイズで亡くなった後なんて、やはり噂にされちゃうのが落ちなんでしょうか。

そういう意味でも。

このエイズ・ウォークの役割は大きいな。

としみじみ思ったキャシーでございました。

ゲイだらけのスピン・ザ・ボトル!

13 9月

昨日は、ACASを貸しきって。

夜遅くまで、ユース向けのパーティをやってました!

カラオケあり、Wiiありで、かなりの大騒ぎ。

キャシーがお気に入りの男の子も数人来てて、ちょっとワクワク。

しかし、キャシーは来週の木曜日に。

トロントのハッテン場、Excess でワークショップを開くことになっていて。

その準備を、パーティ横目に、黙々とやっていました。

そのワークショップっていうのが・・・

スピン・ザ・ディルド!!!

って名前で。

要はちょっとエッチな定番パーティーゲームであるスピン・ザ・ボトルをもじったゲームで。

そのゲームで、楽しく、エロく、セーファーセックスを学ぼうってワークショップなんです。

ちなみに。

スピン・ザ・ボトルのルール。

まず、みんなで輪を作って。

ボトルを真ん中に置いて、題目を決めてスピンします。

で、回した人が、その題目をボトルの口が指した人にするんです。

題目は、マッサージだったり、ダンスだったり、キスだったりと。

けっこうエロいスキンシップが大目です。

332_1050147694112_8539_n

で、キャシーがスキン・ザ・ボトルのゲームを眺めて。

ワークショップのアイデアを捻り出していたら・・・

キャシーのお気に入りの彼氏持ちのイケメンくんが。

「スピン・ザ・ボトルじゃん!やろうよ!やろうよ!」

って盛り上がりだして。

ゲイ5人ノンケの男の子1人

なぜかそこにクィア・ガールちゃんも加わって、スタート。

題目がけっこう際どくて。

「10回スパンキング!」

とか。

「全身にキス!」

とか。

「性交をモチーフにしたダンスを踊れ!」

とか。

もう大盛り上がり。

キャシーはというと。

めっちゃ仲いい友達と口と口でキスさせられたし。

ノンケの男の子のお腹を2回も、ナメナメしたし。

けっこう美味しい(?)思いをしていたのですが・・・

最後の最後。

キャシーがスピンしたボトルが指したのが・・・

その彼氏持ちのイケメンくん。

しかも、お題が。

「10秒口にキス!」

だったんです。

マジかよ~~~!!!

とか超困った演技しながら。

心の中でガッツポーズを連発するキャシー。

ちなみにイケメンくんの彼氏は隣の部屋でWiiに夢中。

みんなの拍手に乗っかって。

ぶちゅ~~~。

ちょっと小さいけど、可愛いお口にキスしたんです。

とりあえず全神経を集中させて、その10秒を堪能していたんですが・・・

ん?

えええ!?

舌が・・・。

相手の方から、舌が入って来たんですが・・・。

みんな見てるし!

ってか、彼氏居るのに、何してるの!?

いいの!?

いいんです!!!

キャシーはパニくって、舌引っ込めちゃったけど(笑)

たっぷり楽しんでおけばよかったわ。

本当、肝心なときにビビりなんだから。

でも何かしら。

このキスの後の、もどかしさって。

相手がシングルだったらな・・・

その流れで、延々とキスしてたのに。

というわけで。

日本ではあんまり定着してないこのゲーム。

気になる相手を誘って、トライよ!!!