アーカイブ | 11:59 PM

キャシーがドラァグ・クイーン!?

28 9月

先週はずっと友達と。

「最近、パーティーばっかりで疲れたよね。」

「そうだね。なんか、こうゆっくり過ごしたいね。」

「じゃ、しばらくクラブ行くのは止めよっか。」

って散々話してたのに。

金曜日、土曜日に連続でCrews & Tangoで踊りまくってきたキャシーでございます。

どこがゆっくり?

確実に月曜日からちょっと遅れた筋肉痛がやって来るわ。

あまりに唐突ですが、そんなキャシーに。

ドラァグ・クイーン計画が持ち上がっています。

Men-Women-Drag-Queens-1

その前に、ドラァグ・クイーンってご存知ですか?

ドラァグ・クイーンとは、男性が女性のように着飾り。

いや、性格的には女性の10倍くらい過剰なくらいに着飾り。

「女性」という「性」をパロディするというゲイ独特の文化です。

よく誤解されますが・・・

トランスジェンダーの方のように、男性から女性になりたいというのとは根本的に違います。

また、日本ではニューハーフなんて言葉があって。

全部同じものとして扱っていたりしますが非常に暴力的です。

ちなみに、ドラァグ・クイーン文化をわかりやすく描いた映画がコレ。

51wdieejvel

プリシラ/The Adventures of Pricilla: Queen of the Desert

(1994年)

3人のドラァグ・クイーンがショーをするために。

同性愛差別の強いオーストラリアの田舎町へ行くお話です。

もう一つお勧めなのが、この映画。

kinky_boots-2005-poster-1-xl

キンキー・ブーツ/Kinky Boots
(2005年)

伝統ある紳士靴メーカーがある日突然。

ドラァグ・クイーン専用ブーツメーカーになるコメディです。

どちらもノリノリの音楽と、楽しいオカマノリが楽しめて。

さらに性の曖昧さを乗り越えた人間愛がテーマになっていますので。

なかなか見ごたえがあります。

で、話を戻しますと。

10月末にトロントのゲイタウン。

チャーチ通りで大きなハロウィーン・イベントがあるんですよ。

前々から。

「キャシー、いつかドラァグやるから!」

ってムダに宣伝していたおかげで。

いろいろと協力者が現れて、そのイベントでドラァグ・デビューしよう!

って話になっています。

キャシー、身長あるし。

顔がハッキリしてるし、確実に面白いドラァグクイーンになると思うの。

ただね・・・。

この毛!毛!毛!!!!!!!!!!!!

全部剃るのは構わないけど。

おじさんに聞かれたら、なんて答えるの?

「女装するから、綺麗にそっちゃった。」

なんて留学が終わるまで死んでも言えないわ。

でもドラァグやるなら。

超ミニスカートに、網タイツハイヒールのブーツがいいわ。

ドラァグを見事に成し遂げたら。

ブログにも大々的に載せますので、お楽しみに!

友達じゃ・・・なかったの?

28 9月

例の白人くんと・・・

友達になれたと思ってたんですが。

キャシーの一方通行だったみたいです。

昨日、ボランティアを終えてから、友人と3人でクラブに行って来ました。

久々に顔を出したCrews & Tangoです。

201121-crews-large-thumb-896xauto-31617

そういえば、朝に白人くんからメールが入ってて。

「今日、夜どっか行くの?」

って聞かれて。

「気が向いたら、Crews行くかも。」

って返信してたんですが。

Crewsの長い列に並ぶと・・・

あれ?白人くんも来てる!

でも、そっちはそっちの友達と居たし。

こっちはこっちの友達が居るから。

挨拶だけして、自分の友人のところに戻りました。

ダンスフロアに入ると。

もう友達があちらこちらに居て。

改めて、ゲイ友達増えたなと実感。

みんな週末にCrewsで男探しが日課なのね。

ふと、遠くの方に居る白人くんを見つけて。

向こうもこっちに気付いて。

おいでよ。

ってしてきました。

ちょっと気が進まなかったけど。

一緒に踊ることに。

自分の友達はあっちに居るし。

白人くんの友達はなんか自己紹介も適当だし。

ちょっと退屈だな。

って思って。

僕の友達も近くに呼んで。

いつものように、ハレンチなダンスを踊ってみたら。

10秒もしないうちに白人くんが後ろに回ってて。

思いっきり、腰で突いてきて。

酔ってるのは知ってたけど。

なんか固いものまで当たってるんだけど、ねぇ?

その後はもうカオス。

隣を、しかも凄く近くをキープして、踊りたがろうとする白人くん。

絡まれないように、微妙にブロックするキャシー。

あんた、この状況どうにかしなさいよ!

って言わんばかりに、睨んでくる友達。

帰りの電車の中では、めっちゃ説教されました。

にゃーん。

自分が撒いた種のせいで。

ドラマドラマドラマな日々でございます。

GoGo Boyのお兄さんとデートに行くとか行かないとか。

話が進んでたけど、これじゃまだ行けそうにありませんね。

人生にリセットボタンなんてありません。