Archive | 7月, 2008

全米1位のレズビアン・ソング。

20 7月

最近クラブでよくかかっていて。

やたら耳に残る曲があります。

ロック調で、どう聞いても女の子が・・・

I kissed a girl~♪ And I liked it~♪

って歌っていて。

レズビアン・ソングなのかな?

それとも僕のリスニング力が無さすぎなのかな?

とか考えておりました。

そしたら、今日テレビでミュージックビデオをたまたま拝見しました。

Katy Perry

『I Kissed A Girl』という曲です。

可愛らしい外見とは裏腹に、歌声はパワフルでカッコいいっす。

そして、僕の聞き取った歌詞は間違っていませんでした。

レズビアン・ソング、というよりは同性愛衝動・願望ソングでございます。

なんと、この曲!

ビルボードチャートの総合部門で1位を更新し続けております。

かなりいろんな場所から抗議されているらしいですが・・・

曲自体の完成度も高く、しばらくは1位をキープしそうです。

世界共通のゲイアイコン、マドンナも彼女のファンらしく・・・

かなりの注目を集めているそうです。

しかも彼女の別のシングルには・・・

『Ur So Gay』という楽曲まで。

シングルで切る気満々で、ビデオも既に撮影済みとか。

これはこれは、あのお騒がせコンビt.A.T.u.を思い起こさせてくれます。

レズビアンを大々的に打ち出したあのプロモーション・ビデオに・・・

アルバム曲に『Malchik Gay』という露骨な同性愛アピール。

なのに、後にすべて演じていたことが判明するという後味の悪いものでした。

彼女たちの歌は比較的好きですが。

同性愛を目立つことに利用するのは少し疑問を感じます。

同性愛はなりたくてなるものではないし。

多くの人が思春期以降に並大抵ではない葛藤を強いられます。

キャシーだって、自分がゲイだと認めるまで凄い時間かかったんです。

フロートの上で能天気に踊っているただのアホなオカマじゃないんです。

(アホなのは否定しかねない)

痛みを知る人こそが、最高のエンターティナーになれるんです。

だからこそ、ゲイカルチャーはめっちゃ明るくて、底抜けに楽しいんです!

だから、形だけのゲイカルチャーを纏っておいて・・・

実は演じていました。

って、かなり失礼なことですよ。数年前に流行ったハードゲイしかり。

そういう点では。

バイセクシュアル、というか同性愛願望に徹しているKaty Perryのがマシです。

でも・・・

レズビアンだから、女の子にキスするの。

じゃなくて・・・

好きだから、女の子にキスするの。

っていうKatyたんのスタンスは素直にカッコいいと思います。

キャシーも、好きだから、男の子にキスするの。

きゃ~~~!(アホ)

9月に日本盤をリリースするそうなので。

ぜひぜひ、チェックしてみてください。

アジアン・ゲイナイトです。

20 7月

ゲイナイトといえば・・・

去年の大学生ナイト以来でございます。

ボランティアで横浜のGET YOU!っていうパーティには参加しましたが。

ナイトクラブ踊らなくちゃ楽しめない

を知らなかった僕は、去年の大学生ナイト・・・

フロアに10分程度しか居なかったです(笑)

ずっと新宿公園でお酒飲んで騒いでました。

それが今や・・・クラブと聞くとすぐに駆け出します。

人間って、変わりやすい生き物ですね。つくづくそう思います。

299_636682606072_7265_n

で、昨晩のアジアン・ゲイナイトですが・・・

結論から。

友人にバッタリはありませんでした。

にゃ~~~。残念。

ナンパもされませんでした。

アジア人はシャイなの。うんうん、よく知ってる。

楽しむには、楽しめましたが・・・

にゃ~~~。何か物足りない満月の夜でした。

(顔の)男に襲われたかった。

そうそう。

クラブFLYですが・・・

3フロア構成だし、内装おしゃれだし、気に入りました!

ダンスフロアの照明の種類が多いのも、凄いイイ!

こうなると・・・

FLYの更なる上を行く・・・

トロント最大級のクラブCiRCAを体験してみたくなりました。

基本的にはノンケクラブなんですが。

金曜日と土曜日は1フロアがゲイミックスになりますので。

ゲイとビアンが毎週末たくさん集っているそうです。

ただ入場料が$25だというのが痛い・・・。

で、、、

ビックリしたのが、、、

気持ちよく踊っていたときに、知らない女性の方に声かけられたこと!

いきなり腰に手を回されて・・・

「ハイ~~~♪」

って・・・

ゲイクラブで、ゲイナイトですよ(笑)

ちょっと固まりつつ、なんとか・・・

「ハイ・・・?」

そしてきっと素っ気無く映ったと思います。

でもあれが精一杯でした。

後から考えたら・・・

ただ単に踊りに誘われただっけだったのかもと気付き。

少し自己嫌悪(汗)

というわけで、次のゲイナイトは女性の方に接近しまくります。

(ビアンの逆鱗に触れて、殴られるのが落ち、というかそもそも何か違う)

あ・・・

そういえば以前の日記に登場したご近所さん

チケット売り場で会計を行っておりました(笑)

クラブで見るときとは違い、お顔のシワが・・・

あとだいぶいい車に乗っておられました。

これから、アジアン・ゲイナイトは顔パスでタダで入れます!!!

と、思ったけど・・・

そんな自分、軽くアジアン・ゲイナイトのスタッフに・・・。

いつも通り、お仕事はコンドームのハンドアウトなのですが。

タダで入店し、入ってきたお客さんにコンドームを笑顔で手渡して顔を覚えてもらい。

ダンスフロアが盛り上がったら、そのまま踊りに行くという美味しいお仕事です。

カナダに来て、3ヶ月。

ここまでゲイ業界に足突っ込んでる自分が怖いです(笑)

一緒にセーファー・セックスを学びましょ!

18 7月

今日、英語の授業で・・・

I haven’t getting over my ex-girlfriend.

の意味を説明しているときに。

ずっと・・・

ex-boyfriend

って無意識に言っておりました。

I’m still missing my ex-boyfriend.

I couldn’t forget my ex-boyfriend.

頭の芯までゲイでございます。

まぁ、英語ができない生徒の中には、未だにshe」he」の区別ができない子も居るので、性別間違えるくらいなんでもないんですが・・・

先生に間違いだと認識されて、直されました(汗)

このクラスには、ゲイだって居るんだぞ!ぷんぷん!

僕以外にも(笑)

以前の日記 に登場したあのゲイっぽい子です。

そして、明日は待ちに待ったアジアン・ゲイナイトです。

会場はあの『Queer as folk』の収録現場クラブFlyですよ!!!

クイフォーですよ!クイフォー!

いや。まだ見たこと無いんですけどね(笑)

そんな場所で、クラスメートとばったりなんて・・・

ドラマじゃない!?ちょードラマ!!!

「あ・・・君・・・」

「え?キャシー・・・やっぱり・・・」

「・・・君もゲイだったんだね・・・嬉しい。」

「せっかくだから一緒に踊らない?」

「うん・・・」

ダンス・・・ダンス・・・

暗転・・・

朝。

小鳥がちゅんちゅん。

みたいな?

というわけで、明日はひとりで『Queer as folk』ごっこしてきます。

全然話が変わるんですが・・・

このブログの検索ヒットワードで、一つだけ飛びぬけてるのが・・・

 トロント  ハッテン

みんなどんだけトロントでハッテンしたいの~!!?

というわけで、宣伝効果あるのかわからないけど、こんなもの投下します。

******************

Asian Community AIDS Services & Japanese Social Services 共同主催

~日本人向けセーファー・セックス・ワークショップ~


 


カナダ、トロントで!

楽しく!気軽に!わかりやすく!

みんなで楽しみながら、正しいセーファー・セックスを学びましょう!

「もっと安全なセックスについて学びたい・・・」

「HIVの感染者数が増えてるし、正しい知識がほしい・・・」

こんな方、お待ちしております!

日本人の友達とも知り合えるチャンスです!

【テーマ】

HIV/AIDS

性の健康

性的指向

その他いろいろ用意しています。

【日時】

2008年7月24日(木)

午後6時よりスタートします!

【会場】

ACAS

33 Isabella St. Suite 107

Buzz 526

(Bloor & Yonge St.)

ACAS公式ページ

http://www.acas.org

 



******************

 

一応ミックスのイベントですが・・・

来るのほぼゲイとレズビアンだけだと思います(笑)

男女分けて、ワークショップをやる予定なので、ゲイ同士ワイワイ楽しくやりましょ!

キャシーは当日、アシスタントを務めます。

こんな英語力で、何をしろと・・・?

とりあえず今必死にセックスの専門用語覚えています。

っていうか、下ネタだけはやっぱり覚えようとしなくても、すぐ入ってきますね。

ではでは、ご来場お待ちしております!

質問などあれば、気軽にコメント欄をご使用ください。

トロントのゲイと日本のゲイ

16 7月

今日改めて、自分の英文成績表を見てみたら・・・

大学の専攻がComparative Cultureでした。

そうだったの!?

いや、そうだけど。

だからやってみようかな。

お得意の比較とやらを(笑)

私見に溢れておりますので、鵜呑みは危険ですよ!

とりあえず、センセーショナルにいきましょか!

gay-marriage-comme_2422528b

トロントのゲイは、より男女に近い!

うん?わかりづらい?

では解説を。

まず、日本のゲイ社会に比べると・・・

トロントのゲイ社会は、圧倒的に恋人持ちが多いです。

チャーチ通りを通ると、仲良く手を繋いで歩くオカマカップルを山ほど見れます。

プライド中も、独身よりカップルが多いんじゃないか!?

とか思うほど、みんな手を繋いで、ラブラブで歩いてました。

き~~~っ!!!

では、なぜなのか?自分なりに考えてみると。

街中で手を繋ごうが、キスしようが、トロントでは大した問題ではないし。

第一結婚できるわけだし、性教育本でも同性愛についてハッキリ記載しております。

要は社会の中の圧力が日本に比べて少ないのです。

だって・・・

日本の街中で、手なんか繋いだら凄い視線というか。

みんなから目そらされるし・・・(実践済み)

キスなんてもってのほかです。

結婚はできるわけもないし。

教科書には未だに。

「同性愛は一時的なもの、思春期が終われば治る」

みたいに書いてあったりします。

治るって何よっ!?病気みたいに。

日本トロントの同性愛に対する扱いってこんなに違うんです!

だからか、その障害の少ないトロントのゲイの交際は・・・

より男女の交際に近いものになっていると思います。

何より、ゴールとして結婚や同棲ができるわけで。

みんな結婚や、長い付き合いを前提として恋人を探します。

そういったカップル像がゲイカルチャーに深く浸透しているので。

「恋人」がより普遍的なものとして、ゲイカルチャーに根付いてるわけです。

一方、日本では。

結婚というゴールはなく、男2人で家を持つのさえ難しいです。

そうすると、付き合っても目的がハッキリしていないし、一般的なカップル像もない。

その結果・・・

女性と結婚して家族を持ちつつ。

ハッテン場やセックスフレンド(セクフレ)で性的欲求を満たす人や。

独身男性として、一生を過ごす人や。

週末にゲイ仲間と遊びながら、交際やセックスを繰り返す人や。

パートナーと同棲をしながら、助け合いながら生きていく人などさまざま。

よく。

ゲイはセックスに奔放で、節操が無い。

などとノンケの方は思っていますが・・・

(というかゲイでさえそんなステレオタイプを持っています。)

実際は社会のあり方が、そこに大きく影響しているのです。

その証拠に・・・

トロントはゲイの街でありながら・・・

ゲイバー、クラブ、ハッテン場などのゲイ向け娯楽が日本の半分以下。

(人口の問題もあるし、ハッキリした数字もわかりませんが、日本に比べてかなり少ないです。)

その代わり、学校には必ずポジティブ・スペースと呼ばれるセクシュアル・マイノリティ支援の施設があるし、HIV啓蒙やゲイコミュニティへの支援金も日本より遥かに多いです。

僕としては・・・

トロントと日本のゲイのライフスタイルに善悪つけるつもりはありません。

あくまで、こんなところに違いがあるんだということを提示しただけです。

ただ、ゲイが男女の社会構造に組み込まれていくのには・・・少しばかり不安を感じます。

ご存知の通り、「結婚」という制度はただの制度でしかないのです。

十人十色である人間の気持ちを、たった一つしかない制度で縛ることはできません。

たとえ、大半のゲイが「結婚」できることで、幸せになれたとして・・・

必ずそこからこぼれ落ちる人が居ます。

これはゲイやセクシュアルマイノリティの問題だけではないと思います。

すべての人が尊敬され、その人らしく生きやすい社会とはどんな社会なのか。

これが大事なのではないのでしょうか?

マジメに終わると気持ち悪いので・・・僕のモッコリちゃん。

チャイニーズ・ナイトマーケット

15 7月

たまには文化的な側面からカナダを見てみましょう。

じゃないと・・・

遊んでるだけの留学生だと思われちゃう(汗)

週末に、年に一度のアジアン・ナイトマーケットに行ってまいりました。

中国日本韓国やら、アジアの食文化が勢ぞろいするお祭りです。

こういうのが海外であると嬉しいですよね。

中国人が多いトロントでは、アジアの文化が存分に堪能できます。

ただ・・・作っているの全員中国人なので・・・味は少しズレてます。

ここで気になったのが・・・文化の盗作(?)です。

ナイト・マーケットを散策していると・・・

なんだかスパイシーな香りがしてきました。

羊の肉とクミンが焼ける香ばしい香りです。

振り返ると・・・

串刺しにしたラム肉に、塩、唐辛子、クミンをかけて炭火で焼いていました。

これ本当は中国の少数民族の料理ですよね?

それなのに、調理しているのは漢民族ばかり。

この店舗では、少数民族の伝統帽子まで被ってる!

もちろん調理しているのは、漢民族です。

ちょっと味見しようかと思ったんですが・・・

1本$2もしたんで、香りだけで我慢しました。

こちらでは、なんとタコ焼きが・・・。

英語だと、オクトパス・ボール

なんか食べ物に思えない響き・・・。

いったいどこからタコ焼きプレートを入手したんだか(汗)

もちろん調理しているのは中国人・・・。

これには友人がめっちゃ興味を示したんで、割り勘して、買って食べてみることに!

うーん。

まず形が・・・じゃない。半分欠けてます。

で、肝心の味は・・・。

うーん。

甘い・・・。

お砂糖入れたのかな。

マズくはないけど、本物のタコ焼きからズレてる

ちょっとだけだけど、ズレてる

その後は、超行列ができていた臭豆腐を食べに行きました。

一見普通の豆腐料理ですが・・・

実は凄い悪臭の持ち主だったりします。

これだけは中国の有名な食べ物です(半分イヤミ)

なんかもうめっちゃ臭い犬と臭い馬を混ぜたようなくさいくさい臭い

牧場の一番臭い場所くらい臭い気がします。

名前は昔から知ってたけど・・・

こんなにも臭いとも思いませんでした。

それを2時間並んで、食べることに・・・(ある意味ディズニーランド気分)

さすがに2時間もこの刺激臭を嗅いでいると、慣れるようで。

味もなかなか美味しくて、日本のクサヤ的なポジション

で、帰宅後にやっと自分の体に染みこんだ臭さに気付きました。

服からも、髪の毛からも、あの牧場の芳しいかほり。

口の中からは、さらに強烈にあの芳しいかほりが・・・。

次の日の朝まで残りました。

臭豆腐。おそるべし。

で、話を戻すと・・・。

中国人が勝手に他の文化のものを調理して売っている話ですよ。

僕は大して気になりませんでした。

自分の文化です!みたいな顔されたら、腹立ちますが・・・

どこの文化の食べ物かを表示しているし。

民族衣装まで纏うんなら、むしろ感謝するべきでは。

この話うちのおばさんにしたら、めっちゃ怒っておりました。

「他人の文化を勝手に使うなんて!!!」

だとさ。

僕だったら。

「わざわざトロントで、他人の文化の宣伝お疲れ様です。」

って言ってあげたいです。

クラブの怪談。

13 7月

最近、友達の友達を紹介してもらうときに必ず・・・

「フロートで踊ってるの見たよ!」

という決まり文句が飛び出してきます。

嬉しいやら、恥ずかしいやら、後悔やら・・・

221891_1026693867781_3835_n

そんなに注目度があったとは思えないんだけど。

やっぱりこの独特な顔、カナダでも目立つみたいです。

今日はそんな覚えられやすい顔のお話です。

先週末も、相変わらずクラブで踊っていた自分・・・

試験を2つ終えて、用事も全部済ませた後だったので。

かなり気持ちよく腰振っておりました。

すると、やたら遊びまくっていそうなアジア人のおじさんがこっちを凝視してくる・・・。

顔も悪くないし、体鍛えてそうだし、色黒で服装もおしゃれ。

なんかいかにも金持ってそうで、学生にエサ垂らして喰らってそうな感じ。

というわけで、目を合わせないようにしてたら・・・

少しずつ距離が縮まってきて・・・

肩を叩かれました。

一緒に居た友人は、ムダに空気を読んで離れる始末。

仕方が無いので世間話だけして、そそくさと離れようと思ったら・・・。

「君の事、どっかで見たよ!」

って言って来る色黒おじさん。

え?またフロート?

それともハッテン場でボランティアしたとき?

とか考えてたら・・・

「僕、君の近所に住んでるよ。いつもあそこの通りで君を見かけるんだ。」

「あと、君あそこ(うちのカレッジ)の学生だよね?」

と、思いもしないことを言われる。

いやいや。

見かけるからって、顔覚えるか!?

さすがにストーカーではなさそうだけど(笑)

しかもかなりのご近所さんの模様・・・。

「君、来週のアジアンナイトは来るのかい?」

「たぶん・・・」って答えると。

「僕その企画やってるから、タダ券あげるよ~。友達も連れてきていいよ~。」

と、案の定甘い誘いが・・・。

でも11時前に入れば$5なので、お断りしておきました。

だって、タダほど高いものはないので・・・

タダ券もらった日には、何を求められるかわかったもんじゃない。

以前の$5のビールでこりごりでございます(以前の日記参照

というわけで、軽くホラーな、でも頼もしそうなご近所さんができました。

マンションが一緒だったら・・・

共同サウナとかフィットネスセンターで遭遇しそうです。

怪談らしい怪談ではなかったけど、自分としてはけっこう怖かったです。

というわけで、近所を歩くときは地味に歩きましょう。

それかこんな出会い(可愛い男の子バージョン)に期待して、ど派手に歩くべきです!

これもゲイの醍醐味?

13 7月

うちの英語クラスでは、毎週月曜日に週末について報告します。

プレゼン力を鍛えるのと、週末引きこもる生徒への対策だそうです。

留学中、家にこもると肝心の会話力も上達しないし。

何よりその国の文化に触れることができません。

英語学校というのは、一つの異空間に近いと思っていますので・・・

週末は大いに時間を外で費やしています。

言い訳???

で、2週間連続でクラブの話を報告したら・・・

クラスの中ですっかり夜遊びキャラになってしまいました。

party

自分は比較的オープンなスタンスなのですが・・・

わざわざ自分から「ゲイです!」とは言いません。

聞かれたときは、状況を見て「そうだよ。」って言うようにしています。

私生活の中で、「ゲイ」であることは、隠すことでもないし。

わざわざ見せ付けるものでもありません。

それを言ったときのメリットとデメリットを見極めて、切り替えればいいと思います。

だから、英語のクラスではメリットを優先して、ゲイ要素を見せないようにしています。

だって、中国人韓国人サウジアラビア人はお国柄・・・でしょ?

人にもよるけど、グループワークとかたくさんあるので・・・

「ゲイとやりたくない」とか。

「ゲイだから協力しない」とか。

めんどくさいことになったら、こっちの成績が下がりかねない。

ゲイプライドの精神に反しながら、ジレンマの中で生きています。

で、話戻すと・・・

クラスの中に、一人ちょっと雰囲気の違う子が居るんですよ。

凄い可愛い顔立ちの中国人で、服装もおしゃれ。

そんな感じで、少し「お仲間」の臭いを漂わしているんです。

先週、その子とグループワークで一緒になったんです。

すると突然、グループワークのテーマそっちのけで。

唐突に「よくクラブ行くんだよね?どこのクラブ行くの?」と聞いてくるその子。

もしノンケだったら、めんどくさいので・・・

以前行ったノンケクラブの名前を教える

そしたら・・・

「僕はね。Bloor and Yongeの周辺によく行くよ!」

って答えるその子。

あれ?

あれれ?

Bloor and Yonge

ここの周辺にあるクラブといえば、有名なゲイクラブFLYです。

海外ドラマの人気ゲイドラマである『Queer as folk』の収録場所でもあります。

というか、ノンケがBloor and Yongeで夜な夜な遊ぶこと自体考えがたい。

一応、ここもゲイエリアに含まれていると思うけど・・・

でもトロント暦2ヶ月ちょっとなので、無難に会話を終わらせて・・・友達に後日確認

すると、やはりそこにはノンケクラブは無かった!!!

「お仲間確定」でございます!!!

いや。まだわからないけどね。

とりあえず、次クラブの話になったら・・・

「僕はね~。Crews & Tango(同じく有名なゲイクラブ)が好きかな。」

とでも答えようかな(笑)

そういえば、今週末はアジアン・ナイトがクラブFLYで開催されます。

うん。高確率で遭遇しそうです。

去年、クラスでゲイっぽな~。ゲイっぽいな~。って思ってた友達が居て。

東京プライドパレードに行ったら、その子が裸でうちわ配っててマジ唖然としました。

でも、凄いうれしかったです(笑)

なかなか、ノンケ社会の中ではお互いがゲイだとわからないので。

こうして、探り探りやっていくのも、一つのゲイの醍醐味なのかも。