トロントは本当に世界一住みやすい街?

キャシーのトロント不思議ハッテンは​、ゲイ総合情報誌『Badi』で2012年から2016年まで連載されていたコラムです。

キャシーのトロント不思議ハッテン(コラム連載アーカイブ)
第33回、トロントは本当に世界一住みやすい街?

トロントは世界で一番住みやすい街だそうだ。少なくとも、英国エコノミストはそう思っている。ちなみに、東京は同じランキングで16位にランクインしている。東京とは比べものにならないくらい冬は寒いし、交通機関もビックリするくらいハッテンしていないが、たしかにトロントは暮らしやすいと語る人が多い。24時間開店しているコンビニがほとんどなくても、美味しいお魚があまり手に入らなくても、「トロントにずっと住みたい!」と言い残して帰国する日本人の留学生やワーホリの方に何人も出会った。その人気は本物のようで、トロントに移り住む人は増え続け、最近シカゴを追い越してついに北米で4番目に大きい都市となった。そんな自分も今やトロントで暮らして7年近くなる。すっかりトロントニアンだ。

「トロントって本当に世界で一番住みやすい街なのか?」たまにそう問いかける。留学後にトロントに残ろうと決めたきっかけの一つは、この街が東京と比べてゲイフレンドリーだったからだ。その頃は、同性婚があって、レインボーがあちこちにあって、一日中周りを気にせずにゲイでいられる心地よさがとても輝いて見えた。今となっては、どちらかといえば失業率の高さや物価の高騰が気になって仕方ない。住み慣れたから居心地はいいかもしれない。しかし、アジア人としての視点。ゲイとしての視点。そして、移民としての視点。これらが全部重なっても、トロントを世界で一番住みやすい街だと思えるのだろうか?残念ながら、まだその答えは見つけていない。この先も、ずっと答えは知らないままなのかもしれない。

「ゲイなんですがトロントに移住した方が幸せになれますか?」そんな質問をよくされる。正直なところ、それに対して答えを出すのは責任重大過ぎてとてもじゃないができない。自分からすれば、こうしてトロントで送る今の暮らしは十分に幸せだ。ただ、これが他のゲイに当てはまるとは限らない。「世界で一番住みやすい街」という評価が嘘だとは言わないが、すべての人にとっての真実ではない。もし将来トロントへの移住を考えているなら、自分の視点からじっくり見定めよう。

トロントは本当に世界一住みやすい街?” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中