“車椅子”とセックスのことについて。

キャシー、困ったわ。

気付けば、もう6ヶ月も・・・

ご・ぶ・さ・た!

日本に居たときなんて。

「欲しい!」

って思って、携帯に手伸ばして、電話をかけて。

家にデリバリーしてもらってたのに・・・。

トロントでは何もないわ!

ええ?何の話って?

セックスの話に決まってるじゃない!

キャシーがセックス以外の話でもすると思って?

(ごぶさたでピリピリしてるの)

本当、この1年間はまともにセックスできてないから。

自慢のテクニックもみんなどこかに忘れてそうよ。

あたしったら、いつも。

「キャシー、セックスでは誰にも負けないから!」

って強気発言しちゃってるわけだけど。

今のまま誰かとセックスしたら。

「あのオカマ、口だけよ。」

って言われちゃうのがオチ。

明日からウブな未経験キャラで行こうかしら。

(もう遅い・・・)

で、しかもこのままデートをしていけば。

次にセックスをするであろう人は、あの車椅子の男の子。

あたし、マジで想像するだけで冷や汗かくわ。

何をすればいいのかまったく想像ができない。

車椅子に乗った人とは、どういったセックスが安全で、気持ちいいの?

こんなこと言うと。

人間性を疑われるかもしれませんが。

凄く大事なことだと思うんですよ。

セックスはベッドの上でした方がいいのか?

車椅子のまました方がいいのか?

どういった姿勢が負担にならないのか?

どういった行為が喜ばれるのか?

ネットで検索したって、全然情報でてこないし。

本当に困ったものです。

この記事を見て。

「あら。嫌だ。この人、車椅子の人を性の対象にしてる。」

って思う方も居るかもしれませんが。

性の対象になっていないことこそ問題だと思います。

車椅子に乗ってたって、ジェンダーも、セクシュアリティーも、性欲もあると思うんです。

キャシー、この車椅子の男の子と知り合ってから学んだんですが。

キャシーを彼を見るときや考えるとき。

“車椅子”

っていう部分が非常に大きくクローズアップされちゃうの。

もちろん、それも彼の一部であるには変わりないんだけど。

それがクローズアップされすぎて、彼の他の部分が見えなくなっちゃうの。

これって凄くゲイにも共通する話で。

誰かに自己紹介するとき、「ゲイ」だって言うと。

もうその部分しかその人には見えなくなっちゃって。

キャシーの他の部分は、見てくれなくなっちゃうの。

それって凄く悲しいことでもあって。

だから毎回彼が頭の中を過ぎるとき。

一回そのクローズアップされた“車椅子”というレンズを叩き壊してから。

もう一度ちゃんと考えるようにしています。

この頭の中にこびりついた偏見、早く取れるといいんだけど。

って、まだ次のデートもまだ決まってないのに。

やたら先走り気味なキャシーです。

いいんです!そういう性格なんです!

“車椅子”とセックスのことについて。” への14件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    でもいいんじゃないかな?
    逆に車椅子の彼がどうしたら喜ぶかを聞いてみちゃおうよ(^-^)v
    テキナネー
    もちろんマジマジ聞いたら興ざめしちゃうかもだからムードを忘れず(*'-'*)
    俺は自分がされたら嬉しいって事を考えてみたりするかな('ー`)
    色んな方法があると思うから考えてみましょう♪
    馴々しくてすんません

  2. SECRET: 0
    PASS:
    私も直接その人に聞いてみたら良いんじゃないかと思います。
    ちょっとお話がずれるかもしれませんが、障害者の人が、
    「何か手伝いたいと思ってくれる気持ちはありがたいが、ありがた迷惑な時が多々ある。一言声をかけて欲しい」
    と言っていたのを聞いたことがあるので。
    なるほど。直接聞いた方がいいんだ!って納得した私です。
    あくまでも、私の意見なので、他の方の意見をじっくり聞いてくださいませ。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    デートに行く前に、どんなことをしようかなー、何が起こるのかなーって考えるのは私も好きです。
    妄想が暴走して大変なことになるときもありますが。
    わたしがこの前、ひざの手術をした人としたときは、最中にふざけながら、お互いの反応を見つついろいろ試してみてして楽しかったですよ。
    本当にセックスって十人十色で新しいパートナーになる度にどきどきしますよね。キャシーさんたちも2人で楽しくできるといいですね。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    『セックスボランティア』という本を読んで以来、障害者の性についてよく考えるようになりました。
    障害があってもなくても、気持ちいい部分て人によって違うからやっぱりそこはお二人で開拓していくしかないと思いますよ。
    それもまた楽しみじゃないですかw

  5. SECRET: 0
    PASS:
    >だいちさん
    ちょっとデリケートな部分だったりするんで、聞くのが怖いっていうのが正直な部分ですが。
    自分ひとりで試行錯誤するよりは遥かにマシでしょうし、ちょっとうまいこと聞き出してみます。
    アドバイスありがとうございます。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    >ちまもさん
    そういう部分って大事ですよね。
    僕もいつも、その人ができそうなことは、できるまで待ってあげてるようにしています。あんまり苦戦してたり、物理的に無理そうなときは聞きますけど。
    それがセックスでも応用できるのか・・・ドキドキものです。とりあえず、うまくやるしかないですね。
    ありがとうございます。

  7. SECRET: 0
    PASS:
    >chibiさん
    デート前って一番楽しいですよね(爆)
    キャシー妄想しかしないんで、ちょっといつも暴走気味だったり・・・。
    キャシーも、2人に合うようなセックスを探してみるわ。ありがとうございます。

  8. SECRET: 0
    PASS:
    >こうもりねこさん
    楽しみっていえば、楽しみでもあります。
    まったく新しい境地なので。
    キャシーの本領発揮で、開拓してみせるわ。
    ありがとうございます。

  9. SECRET: 0
    PASS:
    彼のアソコがきちんと機能するのかが心配。
    足に障害がある人って、アソコにも障害出るのかいつも疑問だった。
    もし、彼のアソコが機能しなかったらキャシーさんの記録更新間違いなしwww
    プラトニックラヴでいこぅ~!w

  10. SECRET: 0
    PASS:
    確かに難しい問題ですよね、気を使いすぎるのもやだけど負担はかけたくないしで。
    でもそういうことにちゃんと向き合えるのは素敵ですね☆
    そのセックス体験楽しみに待ってます

  11. SECRET: 0
    PASS:
    まさに"Social deviance becomes primary status"ですね。
    社会学の授業で嫌というほど習いました!
    うろ覚えであれなのですが、
    トムクルーズ主演の"Born on the Fourth of July"という映画は
    車イスの男性のセックスについて描かれていました。
    調べてみたら戦争映画みたいですが、
    性生活についても結構触れていたので参考になるかもしれません??
    次のデート、早く決まるといいですね♪♪

  12. SECRET: 0
    PASS:
    >Kajueさん
    そこもあるんですよね。
    まぁ、セックスって、チンコがなくてもできるので、あんまり問題に思ってはいませんが。
    そう簡単に記録更新はさせませんよ!

  13. SECRET: 0
    PASS:
    >ダコさん
    デリケートな部分ですよね。
    まぁ、まだセックスするかもわからないので、あんまり深刻にならないようにします。
    楽しみにしてます!
    って報告しなきゃいけないのね?w

  14. SECRET: 0
    PASS:
    >habiptyさん
    社会学の分野ですよね。
    キャシーも大学生時代に少しかじりました。
    一応障害福祉論かなんかも履修しておりましたが・・・いかんせんアホなのでw
    映画の情報ありがとうございます。
    なんとか手に入ったら見てみますね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中