これもゲイの醍醐味?

13 7月

うちの英語クラスでは、毎週月曜日に週末について報告します。

プレゼン力を鍛えるのと、週末引きこもる生徒への対策だそうです。

留学中、家にこもると肝心の会話力も上達しないし。

何よりその国の文化に触れることができません。

英語学校というのは、一つの異空間に近いと思っていますので・・・

週末は大いに時間を外で費やしています。

言い訳???

で、2週間連続でクラブの話を報告したら・・・

クラスの中ですっかり夜遊びキャラになってしまいました。

party

自分は比較的オープンなスタンスなのですが・・・

わざわざ自分から「ゲイです!」とは言いません。

聞かれたときは、状況を見て「そうだよ。」って言うようにしています。

私生活の中で、「ゲイ」であることは、隠すことでもないし。

わざわざ見せ付けるものでもありません。

それを言ったときのメリットとデメリットを見極めて、切り替えればいいと思います。

だから、英語のクラスではメリットを優先して、ゲイ要素を見せないようにしています。

だって、中国人韓国人サウジアラビア人はお国柄・・・でしょ?

人にもよるけど、グループワークとかたくさんあるので・・・

「ゲイとやりたくない」とか。

「ゲイだから協力しない」とか。

めんどくさいことになったら、こっちの成績が下がりかねない。

ゲイプライドの精神に反しながら、ジレンマの中で生きています。

で、話戻すと・・・

クラスの中に、一人ちょっと雰囲気の違う子が居るんですよ。

凄い可愛い顔立ちの中国人で、服装もおしゃれ。

そんな感じで、少し「お仲間」の臭いを漂わしているんです。

先週、その子とグループワークで一緒になったんです。

すると突然、グループワークのテーマそっちのけで。

唐突に「よくクラブ行くんだよね?どこのクラブ行くの?」と聞いてくるその子。

もしノンケだったら、めんどくさいので・・・

以前行ったノンケクラブの名前を教える

そしたら・・・

「僕はね。Bloor and Yongeの周辺によく行くよ!」

って答えるその子。

あれ?

あれれ?

Bloor and Yonge

ここの周辺にあるクラブといえば、有名なゲイクラブFLYです。

海外ドラマの人気ゲイドラマである『Queer as folk』の収録場所でもあります。

というか、ノンケがBloor and Yongeで夜な夜な遊ぶこと自体考えがたい。

一応、ここもゲイエリアに含まれていると思うけど・・・

でもトロント暦2ヶ月ちょっとなので、無難に会話を終わらせて・・・友達に後日確認

すると、やはりそこにはノンケクラブは無かった!!!

「お仲間確定」でございます!!!

いや。まだわからないけどね。

とりあえず、次クラブの話になったら・・・

「僕はね~。Crews & Tango(同じく有名なゲイクラブ)が好きかな。」

とでも答えようかな(笑)

そういえば、今週末はアジアン・ナイトがクラブFLYで開催されます。

うん。高確率で遭遇しそうです。

去年、クラスでゲイっぽな~。ゲイっぽいな~。って思ってた友達が居て。

東京プライドパレードに行ったら、その子が裸でうちわ配っててマジ唖然としました。

でも、凄いうれしかったです(笑)

なかなか、ノンケ社会の中ではお互いがゲイだとわからないので。

こうして、探り探りやっていくのも、一つのゲイの醍醐味なのかも。

広告

コメント / トラックバック1件 to “これもゲイの醍醐味?”

Trackbacks/Pingbacks

  1. 一緒にセーファー・セックスを学びましょ! | トロントのハッテン車窓から - 2013年4月3日

    […] 以前の日記 に登場したあのゲイっぽい子です。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。