アーカイブ | 社会のこと RSS feed for this section

IDAHO2011は大騒ぎ。

17 5月

5月17日は、IDAHOですよ!

IDAHO – International Day Against Homophobia/Transphobia!

国際反ホモフォビア、そしてトランスフォビアの日です。

思えば、3年前にIDAHOの日にトロントのゲイタウンに繰り出して。

見事に誰も見つけられなくて、焦ったこともあったわね。

しかし、そんな今年のトロントはIDAHOの日に黙っていられません。

なぜか?

なぜなら、それはこの方がいらっしゃるからです。

昨年よりトロントの市長に選ばれた右翼豚のRob Fordさん。

東京の石原都知事と本当にいい勝負なくらい、保守的なお方です。

「税金減らしますから、当選させてください!」

という不況につけ込んだせこいやり方で得た市長の力で。

トロントプライド、LGBTサポートやHIV予防啓発の予算を無くす気まんまんなんです。

本当、キャシーは来年仕事がなくなることが濃厚になってきました。

しかし、あたしたちがそんなことが起きるのを待つわけがありません。

血の気旺盛なトロントのLGBTアクティビストたちの働きにより。

盛大なIDAHOイベントが、Rob Fordが働くシティホールで開催されました。

2011日5月16日は、トロントシティホールがレインボーに染まった記念すべき日です。

トロントのLGBT関係の団体が集まり、もちろんキャシーもうちの団体を代表して参加。

パフォーマンスあり、ダンスあり、歌ありで、2時間以上もシティホールが賑わいました。

こんな楽しいイベントでも立派なデモ運動だから、驚き。

Photo by Tony Chen

もちろん、シティホールで働く方全員がLGBTコミュニティの敵ではありません。

Kristine Wong-Tamなんかは、アジア系レズビアンの市議員で、素敵なお方です。

Photo by Tony Chen

Rob Fordが当選したとき、彼女の当選はあたしたちの最後の光でした。

しかし、彼女じゃ手に負えないこともあるから、こうやってコミュニティも立ち上がります。

社会の中で、絶対的に少数派で、偏見も多いLGBTコミュニティはまだまだ弱い存在です。

大事なものは、自分たちで守らないと、すぐに奪われちゃいます。

Photo by Tony Chen

イベントは大成功のうちに終わったのですが、肝心のRob Fordさんの姿は見ませんでした。

ただ今、シティホールでは来年に向けての予算の話をしているそうなのですが。

果たしてトロントプライドの予算はどうなるのか?

そして、キャシーの仕事は?

はぁ。

と、溜め息が出るばかりです。

リベラルで、アメリカとは違うカナダが好きだったのに。

徐々に保守的で、アメリカ的な方向へと政治的に移行しているカナダが怖いです。

まぁ、とりあえず今はできることをやりましょう。

Photo by Michael Erickson

写真はイベントで激写されたキャシーです。

どんなときも、笑顔は絶やせません。