アーカイブ | トロントのクィアたち RSS feed for this section

ゲイの先生と、ついに・・・

15 10月

しばらくネタにしてなかったあの先生ですが。

昨日、急展開がありました!

今週が最後の授業で。

一人ずつプレゼンをすることになっていたのに。

キャシーは本当にスッカリ準備を忘れてて。

AIDS WALKの時の写真と、公式Tシャツだけ持参してアドリブでプレゼンをしました(笑)

まぁ、ある種のカミングアウトですよね。

こういった活動に積極的に参加してます!

って大々的に言っちゃうと、わかる人にはわかります。

プレゼンを始めると、先生の目が急にキラキラしてきて。

アラ?いよいよキャシーがゲイって気付いたのね。

とか思いつつ、無事にプレゼン終了。

質疑応答で。

「僕の友達にも、ラテン系アメリカンのAIDSコミュニティーで働いてる人が居るんだよ。」

とか、先生言い出して。

キャシーは意味深に。

「へぇ~。そうなんですか。」

「もしかしたら、僕も(ハッテン場で)会ったことあるかもしれませんね。」

と答えて、ニッコリ。

オカマの探りあいバトル勃発です!

授業後、先生から。

「ちょっとだけお話できる?」

って、呼び止められて。

きゃっ!放課後の特別補修ね!

とか妄想しつつ、普通に廊下でおしゃべり。

「僕も・・・その・・・あの・・・今日君がプレゼンしたとこにたまに行くんだけど・・・。」

ってまだ探っている感じの先生。

「僕は毎週末行きますよ。」

と、きっぱりなキャシー。

「あ~やっぱり!そうだと思ったんだよね!」

ってやっと納得した先生。

「僕は初めて見たときから、気付いてましたよ。」

って言うと。

「ええ~。僕は8年間教えてきて、初めてだよ!まぁ、今度ビールでも飲みに行こうね。」

と、誘われ。

「ありがとうございます~。」

とか奢ってもらう気満々のキャシー。

ここ、日本じゃなかったわ。

ちょっと小話の後。

先生から、電話番号の書かれた紙キレをもらいました(笑)

これ、いいの?

もう授業もないので、いいんです!

というわけで、念願のゲイ先生と結ばれたキャシーです。

これからは毎週末に個人授業ね。

6b080535_620

英会話はピロートークで練習よ!

っていうのは、もちろん冗談で。

これからお友達になれたら、嬉しいな。なんて。

トロント大学で男漁り。

9 10月

「キャシー、今日はめっちゃ餓えてる。」

とか、クィア・ガールちゃんの部屋で言ったら。

「あたしも。」

って言って、なぜかペニバンを装着するクィア・ガールちゃん。

何するのかしら。

とか思って、見てたら。

クィア・ガールちゃん・・・真顔で。

「犯してもいい?」

ええええええ!?

ちなみに火曜日の午後です。

「キャシー毛深いし!今日は腸内洗浄してないから!」

って。

「今日生理なの。」

って言い訳する乙女のようなキャシー。

とりあえず。

一緒に例のゲイだらけのクラスで、可愛いビアンを探そう!

っていう結論に落ち着き。

クィア・ガールちゃんがテディー・ベアを犯してから出発。

似合わないテディー・ベアなんてベッドの横に置いて。

とか思ったけど、◯◯するための熊さんだったのね・・・。

キャシーも近いうちにああなるのかしら。

クラスまで時間があったので。

2人で図書館によって、メールチェック。

キャシー、男を捜すためにきょろきょろするのが癖になってて。

その時もきょろきょろしてたら。

目の前にイケメン発見。

ダークブラウンの髪に、無精ひげ、ちょーセクシー!

キャシー、イケメンを見つけると、ついガン見しちゃって。

その時も少しばかり見入ってたら。

目が合って。

「ハーイ!」

って甘い笑顔で挨拶されちゃったの。

これは・・・。

もしや・・・。

脈アリ・・・?

迅速にクィア・ガールちゃんと作戦会議を開始。

「あれ、ゲイ?」

「きっと。」

「カナダのノンケはあんなことするの?」

「しない。しない。」

「番号書いて渡そうかな。でも勇気ないわ。」

「ちょーだい。あたしが渡してくる。」

というわけで、王道のナンパ術発動!

クィア・ガールちゃんが。

「これ…あたしの友達から。なんかあなたのことが好きになったみたいですよ。」

とか言って、渡してくれました。

彼。

あたしの番号もらって、友達と笑い合ったそうです。

やだ。ノンケかしら。

でもあたし待つわ。

彼からの電話を待つわ。

images (1)

その後、クラスで可愛いビアンの子はナンパできず。

結局、いつもどおり餓え餓えで帰っていく2人でした(笑)

合言葉は。

「こんなにイケてるあたしたちなのに、なぜ売れないの?」

クィア・デート。

5 10月

金曜日。

特に予定が無かったので、クィア・ガールちゃんと映画を見に行くことに。

学生同士でお金が無いので。

学生寮でタダ飯をいただいて、トロント大のタダ映画を見に行きました。

なんかゲイビアンのデートと言わなければ、凄いロマンティック。

カナダの学校はけっこう映画を週末に上映することが多くて。

ウチのカレッジは映画のチョイスが全部センスの悪いハリウッド映画なので・・・

基本的にスルーしているんですが。

トロント大学では、けっこう渋めのチョイスで。

images

スペイン映画の『オープン・ユア・アイズ』を上映していました。

コレ、トム・クルーズが主演した『バニラ・スカイ』の原作です。

先に見た『バニラ・スカイ』もまぁまぁ面白かったですが。

こちらはさらに陰湿で面白かったです。

ちなみに来週一週間は日本フィルム・フェスティバルがあるらしく。

興味のある方はぜひチェックしてみてください。

映画の後は、クィア・ガールちゃんの部屋でお茶をいただいたんですが。

おまんこをパイパンにしたっていうんで。

見せてもらうことにしました。

言っちゃった~!

凄いカジュアルな流れで言っちゃった~~~!!!

いや。冗談ではなく。

お互いクィアな2人で、性器の見比べをしました(笑)

キャシー、さりげなく生でおまんこ見るのは初めて。

カルチャーショックならぬ、セクシュアルショックです。

クィア・ガールちゃんはミニキャシーを見て。

「かわいい・・・クスっ」

って。

ちょっとどういう意味よ!?

その後は、なんかもうヤケクソになってきて。

裸で抱き合って。

「やっぱり全然反応しないよ・・・」

と、キャシーが言うと。

「あたし、一応バイなんだけど・・・」

ってクィア・ガールちゃん。

傍から見たら。

っていうか自分から見ても変なことしてるんですが。

想像するより遥かに、純粋に好奇心だけで動いてました(笑)

もちろん、それ以上でもそれ以下でも、それ以外の何ものでもないです。

そんな変な空間を後にして。

2人で、パンツパーティに行って来ました。

パンツパーティって何?

とか、思ったんだけど。

トロント大学の学生寮の年間行事で。

去年はパンツレスパーティだったから。

今年はパンツパーティにしたのだとか。

結局、パンツは全然関係ありませんでしたが。

パーティは、本当にノンケすぎて。

キャシーは足を踏み入れた瞬間、もう帰りたくなってて。

イケメンがこんなに居るのに、みんな女の子目当てなの。

しかも、自分もノンケ男に見られているのを忘れて。

よろけて、倒れそうになった女の子を抱きかかえたら。

「ちょっと!酔ってる間にイタズラしちゃダメ!」

って怒られました(笑)

「いや。ゲイだから、しないわよ。」

って普通に返したら、黙られたわ。

やっぱ、ゲイの来る場所じゃないわね。

と思って、終電前に帰りました。

ちゃっかり、フランス人と、オーストラリア人の男の子と友達になりましたけどね。

そんなクィアな金曜日でした。

クィア・ガールちゃん?

あの子ね。あたし放置して、パーティで他の女のケツ追いかけてたわ。

性器見せ合った仲なのに・・・。

謎のノンケの男の子。

25 9月

最近、よく遊ぶ友人の中に。

一人、ノンケの男の子が混じっております。

ノンケの男の子がゲイたちと遊ぶ状況って。

カミングアウト前のキャシーそのまんまじゃない!

とか思いつつ、ノンケだと信じることにしたあたし。

彼は韓国からの留学生で。

友達がなんかのゲイパーティで見かけて。

目を付けて、ナンパするつもりで1時間話したら。

なんとゲイしか居ないパーティで、一人だけノンケだったんだそうで。

そんなナンパし損ねたネタになっている男の子です。

実際に会ってみると。

確かに凄くフレンドリーだし。

ゲイっぽいことしても、全然変な顔しないし、楽しそう。

まぁ、韓国人の人って。

物凄くフレンドリーで、壁も作らずにバンバン仲良くなる人が多いから。

その傾向が強い人なのかしら?

とか最初は考えないようにしてましたが・・・。

ゲイクラブについて来たあたりから信じられなくなりました(笑)

だって・・・。

だって・・・。

だって、初めてのゲイクラブで・・・。

友達のケツを掘るような求愛ダンスしたり、引っぱたいたりしてるんですよ!?

キャシーはそれを隣で見て、唖然。

友達も戸惑いながら。

何事?

みたいな視線で、お互い超混乱してました。

以前、スピン・ザ・ボトルしたときも。

ほとんどゲイしか居ないのに、平気で参加。

それでキャシーは、ノンケくんのお腹を2回もナメナメしたわけです。

友達はもう。

「え?ゲイなの?」

「ゲイなら、あたしちょっと心揺れ動いてるんだけど。」

とかちょー乙女になってました。

でも、本当に。

キャシーでもどっちかわからない。

この前、facebookキャシーが友達に冗談でフェラチオしてる写真載せたら。

Untitled-1

ノンケくんからこんなコメントが・・・。

「君の口、最高だよ。」

「僕もこんな写真、君と撮りたいな。」

えええ・・・。

何事?

英語を勉強中だから、使い方を間違えてるのか。

それとも本気でそんなことをゲイに書いているのか。

新手のゲイバッシングかしら?

とか疑っちゃうキャシー。

とりあえず。

謎のコメントに対する返事は。

「あたしの口が好きなら、いつでも自由に使って!」

ちょ~~~~あばずれ~~~~!!!

先生は本当に確実にゲイです。

8 9月

いつかの日記で、ゲイの先生について書きましたが・・・

バッタリ、ゲイタウン近くの薬局で会ってしまいました(笑)

昨日、友人の誕生日プレゼントを探していたあたしとクィア・ガールちゃん。

週末の6時には、飲食店以外がほとんど閉まっちゃうトロントで。

可愛い写真のフレームを探しておりました。

2人で、手を繋いで、ヤン・ストリートをスキップとかしてたんですが・・・

ブログ見てる方に目撃されていないか怖いです。

海外だからって、好き勝手やっちゃあとで言われちゃうわ。

で、トロントのマツモトキヨシ的な薬局のSHOPPERSに入ると・・・

images (1)

見覚えのある方が、カゴ片手に土曜日の週末に薬局で腰振りながら買い物してる!!!

せんせえ!!!

ここは話しかけるべきか。スルー決めるべきか。

悩みながらも、案外あっさり肩を叩いてしまうキャシー。

ブログを書いていると、ネタ探しに必死になっちゃうんです。

しかし、よく考えると・・・

ゲイタウン近くの薬局で腰振りながら買い物するせんせえもせんせえだけど。

お揃いのレインボーのネックレスで。

お互いゲイゲイしいキャシーとクィア・ガールちゃんも人のこと言えないわ。

いくら隠しても、ゲイがありとあらゆる穴から溢れ出てくるの(汚い)。

先生との会話は、たわいも無い挨拶で終わりました。

さすがに。

「あれ?先生、まさかビレッジ(ビレッジ=ゲイタウンです)に住んでるんですか?」

とは聞けませんでしたが。

せんせえは何かを悟ったような表情で、帰って行きました。

バレたわね。

でもね。

家に帰って。

ちょっと、好奇心っていうか、ネタのために。

Facebookで先生のフルネーム検索してみたの。

ちょ!!!

せんせえ!!!

裸じゃないですか!!!

なんと、ムキムキに鍛えられたせんせえのお写真が。

せんせえ、キャシーはせんせえについていきます。

と、思ったら。

どうやら、何かの事情でせんせえが転勤になるかもとのこと。

はぁ・・・。

せっかく、楽しい学期になりそうだったのに。

次はクラブとかで会ったりしないかな。

とか期待しちゃうキャシーでした。

新しい先生は・・・ゲイ★

4 9月

新学期でございます。

寂れてるな~とか思っていたうちのカレッジ。

5月から8月まで夏休みだった学生が戻ってきて、もう凄い混雑してます。

イケメンも増えたので、つい観察に力が入っちゃうキャシーです。

そんな新学期、キャシーのクラスの担任は・・・

前から目を付けていたあのゲイっぽい先生です。

以前、この先生が担当する補講に出席した痛い話はこちら

とりあえず、今まではゲイっぽい止まりでしたが。

今日の授業で、もうほぼ99%ゲイ確定です。

授業開始早々、くしゃみを連発する先生。

「くっしゅん!」

「くぅぅぅっしゅんんん!!!」

と、女の子の5倍くらい可愛いくしゃみを連発してました。

お仲間だわ~~~。

とかほくそ笑むの堪えるキャシー。

そんな先生のバッグに目を移すと・・・

ん?

なんと!!!

レッドリボン!!!

レッドリボンとは・・・

HIVへの偏見撲滅や、HIV患者への支援を始めとする社会運動のシンボル・マークです。

キャシーもプライド・ウィークのときに肩にかざしていました。

けっこう有名なので、知っている人も多いはずです。

別にレッドリボン=ゲイというわけではありませんが・・・

HIVに関心のある人がゲイに多いのは事実です。

また先生に目を移すと・・・

板書している先生のシャツからお腹が覗いていて。

さらなる驚愕の証拠を発見!

なんと・・・

先生の履いている下着・・・

Calvin Klein!!!

ご存知の通り、ゲイの定番ショーツです。

さらに色が・・・

真っ赤!!!

先生、ステキすぎるわ~~~!!!

もう一人で授業中に爆笑していました。

きっとクラスメートたちにおかしなオカマだと思われたわ。

そんなキャシーもキャシーで。

首元にレインボーのネックレスがばっちり輝いてました(笑)

胸毛だ!とか突っ込んだら、キャシー許さないんだからっ!!!

あと・・・。

授業に集中しろ!

っていう突っ込みもなしの方向で(笑)