アーカイブ | ゲイのこと RSS feed for this section

ゲイのご近所付き合い。

24 5月

キャシーの新居は、一軒家のベースメントで。

大きなキッチンが付いたバッチェラータイプの部屋です。

上の階には他の人たちが住んでいますが、玄関も洗濯機も共同ではありません。

時間をかけて探した甲斐があって、かなり気に入っています。

そんなお気に入りの新居ですが、早くも修羅場な臭いがするのよ。

ゲイの知り合いに紹介してもらったこの家ですが、引越しする前に言われてました。

「上に住んでるのはゲイカップルで、よく喧嘩してるみたいよ。」

ゲイカップル?よく喧嘩する?

別に珍しいわけじゃないし、関係ないわね。

ドラマクイーンには慣れてるので、特に気にしなかったあたし。

引越した初日にインターネットの設置にやってきたゲイカップルに会って。

「ありゃりゃ。こりゃ危険な臭いがするわ。」

って、やっと危機感を覚えたキャシー。

なぜかといえば、2人ともなかなか可愛いのよ!

ヨーロッパ訛りの白人の子と、目がきれいな南米の子のカップルなんだけど。

「レズリービルに住むゲイカップルなんて年配でしょ?」

なんて考えてたあたしの間違いでした。

2人ともキャシーより少し上の美味しい年頃でした。

「キャシーっていうの?よろしくねー。」

と、やたらフレンドリーに自己紹介を済ませて。

なぜかインターネットを繋げるだけなのに、2人ともキャシー宅に上がってきて。

「このバッグ可愛いね。」

「iMac使ってるんだね。」

「この観葉植物可愛いね。」

とか、めちゃくちゃ絡まれるあたし。

「やだ。めっちゃあたしがゲイかどうか探ってるじゃない。」

しかも、キャシーを見る目が明らかに肉食獣だったわ。

これは、油断すると喰われる(喰っちゃう)わ。

喧嘩をよくするカップルと、三角関係なんてとても手に負えないので。

社交辞令だけで済ませて、さっさとインターネットの設置を終わらせたあたし。

これでもうあまり顔を合わせることもないだろうと思ったら。

「インターネット代は、毎月始めに上に届けに来てね!」

ということでした。

そんな最初のお支払いの日。

お金と引越しのご挨拶だけ渡して、そそくさと帰ろうと思ったら。

「あ、ネットの調子はどう?」

と、呼び止められてしまったあたし。

「とても調子いいですよ。ありがとう。」

と振り返って、簡単に答えたあたし。

その彼のキャシーを見つめる目、またも肉食獣の目でした。

「もう、一体なんなのよ!」

こんなやり取りを毎月続けるわけ?

いくらオープンリレーションシップのカップルも多いゲイコミュニティとはいえ。

ハウスメイトに手を出すのは、ちょっとハイリスクローリターンな気がするわ。

果たしてキャシーは肉食獣の誘惑に勝てるのでしょうか。

お願いだから、もうそんな目で見ないでください。