みんなそれぞれ感じ方が違う理由。

人の感じ方って、本当に全然違うじゃない。

同じゲイでも、同じ日本人でも、同じように感じることはない。

それでも、感じ方を押し付ける人って凄く多いわけで。

「普通に結婚して、子供を持てば幸せになれるのに。」

そんなことを母に言われた時、とても説明に困ったのを覚えている。

それで先日、あるボランティアとワークショップのアイデアを考えていた時に。

彼が人の感じ方の違いを簡単に説明できる方法を教えてくれた。

それがなかなか奥が深くて、ぜひブログに紹介したくてウズウズしてたの。

というわけで、彼氏に写真を撮ってもらったので。

わかりやすく説明しちゃうわよ。

まず、適当な紙を用意する。

それから、その紙を自分のアイデンティティで埋める。

例えば、自分の名前だったり、自分の人種だったり。

自分を説明する時に、自分や他人が使う言葉だったり。

セクシュアリティだったり、ジェンダーだったり。

ポジティブなことだったり、ネガティブなことだったり。

精神的なことだったり、肉体的なことだったり。

過去のことだったり、今日のことだったり。

思いつくだけ、ひたすらその紙に書く。

もう書くことが思い浮かばなくなったら。

ペンを置いて、その紙を扇の形になるように折る。

折り紙が苦手なあたしでも、これくらいは朝フェラ前よ。

その紙が扇のように折れたら、適当な場所を開ける。

あたしの場合、この“ゲイ”という部分に当たったんだけど。

今度はそのゲイというアイデンティティを指で押すと、扇が自然と広がる。

ほら、こんなにたくさん他のアイデンティティが顔を出した。

「え?キャシーは何が言いたいの?」

とか思ってる方もいると思うので、少し解説。

あたしのアイデンティティたちが並んだこの紙って。

きっと世界に一つしかないと自信を持って言えるわけよ。

同じゲイの人でも、その他のアイデンティティがすべて重なることはない。

ある意味、社会の中のあたしの遺伝子のようなものよ。

それを折って、一つのアイデンティティを指で押さえたとき。

扇のように紙が広がって、他のアイデンティティたちが浮かび上がるわけ。

つまり、あたしが“ゲイ”として何かを感じているとき。

その他のアイデンティティも一緒になって、あたしに影響を与えるわけ。

だから、あたしの感じ方は、同じゲイである他の誰かとも違って来る。

誰一人として、まったく同じように何かを感じることはないのよ。

シンプルだけど、奥深くない?

自分らしさを失いそうになったら、ぜひ試してみて。

何か新しいものが見えて来るかもしれないわよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中