性感染症でそんなに盛り上がらないで。

14 9月

今日、カフェでばったり友達に会って。

世間話しながら、ラテが入るのを待ってたわけ。

「そういえばキャシーの彼台湾から帰ってきたの?」

「先週の日曜日にやっと帰ってきたわ。」

「じゃ久々のセックスで盛り上がったでしょ?」

「それが彼ったらいっぱい発疹ができちゃって、お預け中よ。」

と、何気なくそれを口にした瞬間、急に周囲が静かになったのね。

何事かと周りを見渡すと、みんなが凄い戸惑った顔であたしを見てるわけ。

目の前に居た友達も、どう反応すれば良いのか分からない様子で。

あたしやっと何が起きているのかがわかったの。

みんな、あたしの彼氏が台湾で性感染症にかかったと勘違いしてるんだわ。

今にも周りから嫌味なヒソヒソが聞こえてきそうだったので。

「いや、発疹って言ってもそっちの発疹じゃなくてね。彼、写真撮りに短パンで山登りした時に、毒草で足がかぶれたっぽいのよ。」

少し大声でハッキリと説明して、やっとこの気まずい沈黙から抜けられた。

その後、カフェを後にして、今起きたことを考えてみたのね。

もしも、あたしがあの場でこんなことを言ったとして。

「あたしの彼、風邪引いちゃったのよ。」

「あたしの彼、骨折しちゃったのよ。」

これを聞いて、あそこまで凄い反応はしないじゃない。

むしろ、普通に聞き流されるわけよ。

こんな不謹慎なことを言うのもアレだけど。

「あたしの彼、ガンみたいなの。」

とか聞いても、性感染症ほど反応しないと思うの。

性感染症って、なんか凄く嫌なイメージがあって。

必要以上にタブー扱いされてるじゃない?

でもさ、セックスをしてれば、欲しくないものを貰うときもあるわけ。

コンドームしてたって、梅毒とか簡単に感染しちゃうこともあるし。

定期的に検査して、治療して、適切な処理をすればいいだけでしょ?

「聞いた?あの人クラミジアにかかったんだって?」

「やだー。汚いわね。毎晩何してるのかしら?」

こんなヒソヒソ話のネタになるほど凄いものなのかしら?

HIVとか、深刻な感染症もあるけど、これはコンドームでほぼ防げるしね。

なぜここまで世間は性感染症を祭り上げるのか、あたしにはわからないわ。

「あんただって、かかったことあるでしょ?」

そんなことするから、検査に行く人が減って、治療もしない人が増えるのよ。

そんなキャシーは、意外にも性感染症にまだかかったことない。

これだけセックスしてるんだから、可能性は十分にあったと思うんだけど。

やっぱり、セーファーセックスを若いうちから叩き込まれたからか。

それとも、ただ運が良かっただけなのかもしれない。

その日、家に着いてから彼にこの話をしたのね。

「あなたが性感染症にかかったって噂流すところだった。」

それを聞いた彼は爆笑してたわ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。