トロントプライドで弾けて濡れよう。

4 7月

ちょっとぉ、やだわぁ。

今年でトロントプライド5年目よ。

もう20代前半の輝きとか放ってないんだけど、チヤホヤとかされるかしら。

とか言いつつ、今年もしっかりプライドパレードを歩いたわよ。

ここ数年でだいぶお腹周りが大きくなったし。

もう目もキラキラしてないあたしだったけど。

今年は股間がめっちゃキラキラ輝いてましたのよ。

昔は観客から水鉄砲で股間をいっぱい狙われたのに。

今年は白い下着だったにも関わらず、パレード中一回も狙われなかったわ。

本当、ゲイたちは年齢と体型にシビアなんだから。

「今年は全然濡れてなかったわ。」

なんてパレードの後文句たらしてたら。

友達に後ろからパッシャーッと水をかけられてびっしょり濡れたわ。

「こんな品のない濡れたはいやよっ!」

そんな悲しいキャシーの叫びだけがチャーチストリートに響いてたの。

思えば、今年のプライドは少し去年と違う感じがしたわ。

去年といえば、少し自暴自棄になってたとこもあって。

希望は持って、期待は捨てるなんてことはわかってても。

「こんなにたくさんゲイがトロントにいるのに、まともな出会いもないなんてどういうこと?」

と考えてばかりで、ビターに擦れたキャシー。

何も収穫の無いプライドを終えて、疲れ果てて一人家に帰ったの。

その一週間後に、まさかの展開で今の彼と付き合うようになるなんて皮肉よね。

だからか、今年はずいぶん心が穏やかだったわ。

別に、彼氏ができたからとかではなくて。

希望を捨てずに、前に進み続ける大切さを実感できたからだと思う。

6年前に東京プライドを歩いた時は、興奮と歓喜に溢れていたのを覚えてる。

今年のプライドは、それを思い出しながら地面を踏みしめながら歩いたわ。

つまらないことで自暴自棄になるんじゃなくて。

「自分のため、他の人のために、今出来る事をやっていこう。」

そう思えるようになったのも、支えてくれる人がいるからなのかもしれない。

もちろん、今年もプライドの後は例年通り疲れ果てて家に帰ったんだけど。

あたしの隣には優しく手を引っ張ってくれる人がいたわ。

おまけよ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。