恋愛下手な恋愛“専門家”。

3 6月

仕事柄、恋愛やセックスの話をたくさんするキャシー。

こういう仕事してるから、“プロ”として扱われちゃったりして。

「恋愛相談に乗ってくれない?アドバイスちょーだい!」

とか、そんなことを持ちかけて来る方までいます。

キャシー、恋愛のことなんて何も知らないわよ?

アドバイスなんてあげられる身分ではございません。

しかし、この世はとっても皮肉なもので。

そんなあたしが恋愛の“専門家”として話をすることになっちゃったんです。

S.L.A.M. – Sex. Love. Asian Men!

S.L.A.M.と呼ばれるこのフォーラムは、名前の通り。

アジア系男性向けのセックスと恋愛を語る一大イベントなんです。

ゲイ男性も、ノンケ男性も、トランス男性も勢揃い。

このプロモビデオがすべてを物語っております。

「S.L.A.M.で恋愛についてワークショップやってくれない?」

と頼まれたときは、本当に目の前が真っ白になりました。

なにしろキャシーは、自他ともに認めるほどの恋愛下手です。

まだ若いからそこそこモテるけど、まったく恋愛にハッテンしない。

「キャシーって、常に新しいものを求める性格だもん。」

友達によく言われる一言です。

要は、キャシーは男とっかえひっかえで彼氏ができないって意味よ。

確かに、あたしは飽きやすい。

フェラも3分もすると手抜きになるし。

挿入されてる最中にiPodでFacebookもチェックしちゃうわよ。

でもほら、ハッテン車窓ブログは3年続いてるじゃない。

(うち1年半ほどサボってたのは秘密よ。)

そう考えると、ここ最近誰かを本気に好きになることもなくなったわ。

精神的に成長して、そういう依存的な恋愛はもうしなくなったのか。

それとも、逆に変に“オトナ”になって自分に素直になれないのか。

正直、怖くてあんまり直視したくない現実だわ。

話はS.L.A.M.に戻って、結局恋愛ワークショップを担当したあたし。

それが意外や意外、上手に恋愛関係を保つ秘訣がぽんぽん口から出て来る。

「コミュニケーションは何より大切。」

「恋愛にはいろんな形があって、その違いを尊敬するべき。」

「相手に満足してもらうために自分は偽らない。」

とか、参加者と濃密なディスカッションを楽しんだあたしでした。

でもね、言うのは簡単なのよ。

恋愛中なんて、心が一番脆くなるのに。

そんな理屈を頭で理解している暇なんかないわ。

と、散々ワークショップ中に話したことに意義を唱えるあたしでした。

知識や経験があっても、恋愛って上手にならないのかもね。

はぁ、あたしの恋愛下手はいつ治るのかしら。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。