グラインダーはゲイの次世代ご近所付き合いアプリ。

あああ

グラインダー、地味にまだ飽きてません。

というか、もう毎朝メッセージをチェックするのが日課になっております。

そんなグラインダーですが。

ようやくiOS4にも対応して、マルチタスクができるようになって。

画面を閉じる度に最初から始める必要はなくなり、だいぶ使い勝手が良くなりました。

さらに、北米では使ってる人が多いブラックベリーにも最近対応して。

トロントのグラインダー人口は大幅に上昇中です!

キャシーの家から平日の昼間にグラインダーをしてみると。

もう半径1kmで、100人以上もグラインダー持ちのゲイがうじゃうじゃしてるもの。

それもそうよね。ここゲイタウンの真ん中だし。週末はもっとうじゃうじゃしてます。

プライド中なんて、うじゃうじゃしすぎてグラインダーが凄いことになっておりました。

こんなに褒めておいてなんだけど。

あたし、まだグラインダーで誰とも何もできてないんだけど?

これだけ毎日使ってて、ここまで効果がないのも凄いわよ?

あたしがブサイクすぎるのか。

ただ誘うのが下手なのか。

でも自分の非は極力認めたくないのがキャシー!(性格悪い)

だから、グラインダーが役に立たない理由を分析してみたのよ。

1、iPod Touchだと、どこでもオンラインになれて、カメラ付きのiPhoneより不利。

キャシーはiPod Touchのグラインダー使いなので、やっぱなかなかオンラインになれないのよね。

ムラムラしてる時にメッセージをくれた人も、キャシーが返信する頃にはスッキリしているのかも。

あと、よくチンコとかお尻の写真をその場で撮って送ってくる人も居るんですが。

iPod Touchにカメラはありませんし、キャシーはチンコとか撮って送るの好きじゃないの。

2、グラインダーは便利すぎて、ムラムラしてない人もついついチャットしてしまう。

たとえば、キャシーはもうヤル気まんまんでお相手探してたとしても。

向こうはトイレでうんこしつつ、暇つぶしにグラインダーでチャットして遊んでるのかもしれません。

そんな場合、いくら頑張ってももちろんセックスにはたどり着きません。

3、自宅からグラインダーすると、いつも同じ人ばかり。

最も深刻な問題がこのご近所さんたちなのよね。

キャシーなんてゲイタウンの中心だから、100人ほどしかサーチできないグラインダーでは。

ご近所さんたちに邪魔されて、1km先の男の子たちはサーチでは届きません。

そんなわけで、自宅でグラインダーを開くと、常連さんがずらーっと並んでいて。

正直、もう顔も覚えちゃって、近所で連れ違って間違えて挨拶さえしてしまいそうよ。

そんな感じで、もう半年もグラインダーを使っていると。

グラインダー上で仲良くなってしまったご近所さんも数人居て。

セックスとか、遊ぼうとか、そういう意図は無く、たまに暇つぶしにチャットをするようになりました。

はっ!?

まさか、このアプリ。

実は出会い系アプリではなく、ご近所付き合い系アプリだったのでは?

コミュニケーションが軽薄になってしまったこの時代のためのアプリだったのね。

と、そんな妄想をしつつ、グラインダーで売れない自分を慰めるゲイでした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中