プライドのエイズ黙祷イベントでボランティア。

プライド中といえば、キャシーが一番忙しい時期で。

今年は、コミュニティーで働く一人として、やることがいっぱい。

もうプライドが終わるまで、ゆっくりしてられる時間なんてありません。

今日も、やっとのことで仕事を7時半に終わらせたのに。

友達から電話がかかってきて。

「あんた、今から519に来なさいよ!」

と、ゲイタウンの中心にある519というコミュニティーセンターに呼び出されるキャシー。

どうせ帰り道に通るので、寄ってみたのですが。

友達に会った瞬間。

「はい。このTシャツ着て!」

「Mサイズだけど、キャシー太ってるからちょうどね!」

と強引な上に、キャシーより毒舌な友達のせいで。

仕事の後で疲れてるのに、ボランティアをさせられるはめに。

いったい何のボランティアだったのかというと。

プライドウィークに毎年行われる、エイズで亡くなった方のための黙祷イベントのために。

街頭でキャンドル、レッドリボン、プログラムを配り、募金も一緒に集めてることです。

仕事に行って帰るつもりだったので、髪の毛さえセットしてなかったあたし。

それでも、笑顔を振りまき、ゲイタウンの街頭で募金集めを頑張りました。

ボランティアするの自体、凄い久しぶりで、しかも未経験の募金集めってことで。

初心に返った気持ちで、もう一生懸命やりました。

街頭で人からお金を寄付してもらうとか、本当に勇気と広い心が必要で。

どんなに怖い人でも、頑張って話しかけなきゃいけないし!

どんなにムカつく態度を取られても、ありがとうと返せる余裕が必要!

日本の接客業で培ったスキルが今やっと役に立ちました。

おかげさまで、1時間ちょっとでキャシーの募金箱はずっしり重くなって。

そのまま、ボランティア後は黙祷イベントに参加してきました。

キャシーが何より驚いたのが、多くの人がこのイベントに来ていたこと。

トロントのゲイタウンの中心にあるエイズメモリアル公園は、もう満員状態。

みんな手にキャンドルを持ち、黙祷を捧げていました。

HIVやAIDSって、やっぱり北米のゲイコミュニティーでは大きな問題で。

以前ほど関心が高いわけではなくても、未だにこれだけの人がイベントに集まるんです。

募金を集めてるときも、70%の人が進んで寄付してくれて、とても意外に感じました。

しかし、やっぱり参加者の中に若い人はあんまり居なくて、少し寂しく感じました。

黙祷イベントでは、アーティストたちが歌を披露し。

最後に合唱隊の素晴らしいパフォーマンスで締めくくられ。

公園を後にする人たちは、ロウソクを公園のあちこちに差し、帰って行きました。

みんながこうして、エイズで亡くなった人々のために毎年黙祷するなんて。

トロントのLGBTコミュニティーってやっぱり、団結力があるなと感じたキャシー。

あとはキャシーが頑張って、来年もっと若い子を連れて来れば完璧かしら!

イベントが終わる頃には、もうヘトヘトで倒れそうでしたが。

こんな素晴らしいイベントに少しでも貢献できて、嬉しかったです。

そういえば、昔は街頭でボランティアしてれば、毎回のようにナンパもされてたあたし。

なのに、今日は誰からも色目さえ使われなかったわ!

やっぱり、もう22歳の頃とは輝きが違うのかしら。

プライドのエイズ黙祷イベントでボランティア。” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中