スポーツと愛国心とトロント。

トロントといえば、中華街韓国街ポルトガル街イタリア街、あと日本街もあったりと。

カナダに移民してきた個々のコミュニティーが面白い感じに、トロントという街を形成してて。

キャシーは自宅から歩いて20分のスリランカ街で大好きなカレーを食べたり。

中華街で本格中華を楽しんだりと、トロントのそういう部分は大好きで、いつもレストラン巡りしてます。

そういえば、ヘアカットもいつも韓国街でしてて。

いつも友達と髪の毛切って、それから美味しい韓国料理食べて。

歩いてゲイタウンに戻るのが、定番コースになっています。

そんな昨日もヘアカットが終わって、晩ご飯を食べようとしてたとき、こんな風景に出くわしました。

韓国人街で大暴動!?

ってわけじゃなく、ワールドカップでの勝利にみんなが興奮してるんです。

赤いシャツのサポーターたちが、韓国街の両脇から声援上げてるんです。

ノリのいいトロントの人たちも、クラクションを鳴らして興奮を煽ってて。

中には車を止めて、韓国人たちと勝利の喜びを分かち合う人たちも。

韓国チームサポーターたちが、止まった車を揺らしてあげてるんですよね。

これにはビックリしたキャシー。

ちなみに、この後パトカーにもこれやってましたけど、パトカーもノリよくて。

注意されたり、逮捕されたりせず、この後もこの騒ぎはしばらく続きました。

キャシーは、ワールドカップとか、オリンピックとか全然興味なくて。

愛国心とか、そういうのが絡むものってあんまり楽しめないの。

あたし地球に生まれたんだから、あたしの住みたい国に住むわよ?

って、ちょっとわがままな考えなあたし。

愛国心ってか、愛球心かしら?(金玉好きでもあるけど)

だから、こういう政治が絡みすぎたスポーツイベントは応援しないのよね。

いや。ワールドカップとか、オリンピックに出てるアスリートさんならいくらでもいただくけど?

そういう部分では、トロントの方たちは面白くて。

生まれも育ちもカナダなのに。自身のルーツをアイデンティティーとして持つ人が多く。

それでも、カナダに住んでいること、またはトロントに住んでいることがアイデンティティーになっていて。

キャシーが考える愛国心のイメージとは少し違う愛国心を持っているのよね。

今年のオリンピックで、宿敵アメリカにホッケーで勝ったカナダ。

もうその試合の勝利の瞬間、ダウンタウンが凄いことになりました。

キャシーは友達の家でお茶してたんですが、もう外のクラクションや歓声が止みません。

みんなカナダの国旗を持って、ダウンタウンの中心部に向かって走って行くわけ。

凄かった。

日本がワールドカップで優勝したら、どんな風になるのかしら。

トロントの人たちに、こんな愛国心が潜んでいたとは、心底意外です。

多くの移民の方も、めっちゃくちゃ興奮してたんですよね。

キャシーの友達で、カナダに来て間もない移民の子も。

「カナダが勝った!サイコーに嬉しい!」

とかめちゃくちゃ喜んでました。

アメリカとカナダでは、愛国心の性質が違うってよく聞きます。

どちらも移民がたくさん居る国ですが、実際どのくらい違うんでしょうかね?

アメリカはまだ未経験のキャシーですが、まだあんまり行く気はしません。

いつかみんなが銃を捨てて、ディルドを持ち歩くようにならないかしら。

そしたら、もうコンドームとローションごっそり持って遊びに行くのに。

結局落ちはセックスなのね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中