ウィンザーとレミントンへ日帰り旅行。

19 6月

木曜日、仕事が終わる1時間前。

いつもより効率よくいろいろ終わって。

金曜日はのんびり、半日だけ働いて、あとは週末をエンジョイしようと思ってたキャシー。

あたしの仕事、フレックスタイムなので、出勤時間は比較的調節可能なんです。

それで、デスク上のいらない書類をまとめていたら。

隣のオフィスから、タイ人移住労働者のために働いてる同僚が入って来て。

「ちょっと、明日あたし一人で行くわけ?」

とか文句言いながら入って来て。

何の話か全然わからないキャシー。

うちの上司、なんか嫌なことを企みつつ。

「え?俺この前行ったじゃん。誰か他にいないの?」

とか言いながら、意図的に僕に視線を向けて。

「ほら。今度はキャシーを連れて行けば?」

と、まんまと上司の罠にはめられたキャシー。

朝9時にキャシーの自宅に車で迎えにくると言われ。

行き先もわからず、イエスしてしまったあたし。

金曜日の朝、車に乗り込み。

「で、今日はどこに行くの?」

って同僚に聞くと、その子は目も合わせてくれずに。

「ウィンザーと、あとレミントンってとこ。」

と、ぼそって言いました。

「それどこ?車で何時間?」

と、全然予定がわからないので、質問責めするキャシー。

同僚の子は、罪悪感からか、声がどんどん小さくなり。

「え…。片道4時間なら早い方かな?」

とか、またぼそっと衝撃発言。

そんな事実を聞かされ。

「おおおおおおおおいいいいいいいいい!」

「はめられたぁぁぁぁぁぁああああ!」

「今日のデートにも、友達のショーにも、別の友達の誕生日会にも間に合わないじゃん!」

「今から車から飛び降りても良い?」

と、半ば発狂するキャシー。

そんな感じで拘束されたあたしでした。

まぁ、あんまりオンタリオ州って回ったことなかったし。

そんなに仕事もないし、日帰り旅行だと思うことにしたキャシーでした。

この時点ではまだどんな旅になるか、まったく予想がつきませんでしたけど。

何があったかは、後ほど語るとして。

とりあえず、レミントンで撮った写真を一枚。

36428_1530178454581_3089440_n

畑ぇ~~~~~~~~~~!!!

どこを運転しても畑一面で、久々に田舎を体験してきました。

カナダって、本当郊外はこんな感じなのよね。

トロントのダウンタウンで留学、仕事できて本当ラッキーでした。

ゲイタウンと、混雑した道と、ギラギラネオンがないと、もう落ち着かないもの。

でも、いったいこんな畑でキャシーたちはどんな仕事をしてきたわけ?

次の記事では、このレミントンで起きている衝撃的な出来事について書きます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。