カイリー・ミノーグの新曲『All The Lovers』が凄い!

ゲイたちが崇拝してやまないディーバといえば、マドンナですが。

彼女にも負けてない存在といえば、カイリー・ミノーグではないんでしょうか?

トロントのハッテン車窓から・・・

80年代に『ロコモーション』『ラッキーラヴ』の大ヒット曲で一世を風靡し。

小悪魔のような、可愛い女の子だった歌姫も、今ではそのまんま大人になり。

魅力がたっぷり詰まった小悪魔になって、ますますゲイ人気が高まって行ったのです。

トロントのハッテン車窓から・・・

マドンナといい、シェールといい、カイリーといい、ゲイって派手な熟女が好きよね。

しかし、そんなカイリーも北米での人気はイマイチで。

クラブでもあんまりカイリーってかからなくて。

たまにカイリーが流れても、キャシー以外みんなシーンとしてたりするのよね。

ディスコとかバブルガムポップが大好きなキャシーなのに、それじゃ寂しすぎる。

人気が低いといっても。

昨年トロントにカイリーがツアーで来たときは、みんな大騒ぎしてて。

キャシーの友達たちはさりげなくチケット予約して、ライブ行ってたのよね。

あたしは、仕事が忙しくて行けなかったけど。

トロントのハッテン車窓から・・・

カナダ仕様のカイリーポスターです。

そんな彼女、7月に新アルバムのリリースを控えていて。

キャシーの数少ないカイリーファン友達は、早くもその先行シングルのPVに大騒ぎ。

この新曲のビデオ、本当に凄いんです!

キャシーでさえ、ちょっとビックリしちゃったもん。

カイリーって元々ゲイフレンドリーだとは知ってたけど。

ここまでセックス・ポジティブな偉大なお方だとは、あたし知らなかったわ。

このビデオ、愛とセックスがテーマなのでしょう。

都会の真ん中で、みんなが急に何かに誘われるかのように服を脱ぎだし。

下着だけ残して、そこらへんの人と愛撫たっぷりのディープキスを始めるわけ。

なんとなく、映画『パフーム ーある人殺しの物語ー』を思い出しました。

嗅いだだけで、愛に満たされ、性にひれ伏しちゃう、美女からできた香水のお話です。

トロントのハッテン車窓から・・・

その映画の有名なラストシーンです。

カイリーのビデオが面白いのは、登場しているのがストレートのカップルだけじゃないってこと。

よく見てみると、ゲイのカップルも居るし、レズビアンのカップルも居るし。

しかも、複数プレイしちゃってるカップルまで居て、まさに多様化した現代のカップル像がここに!

だから曲名が、『All The Lovers(すべての恋人たち)』なのね。さすがよ!カイリー!

欲を言えば、人種のバランスが悪いっていうか、アジア人があんまり見当たらないけど。

そして、ビデオの終盤では。

そのカップルたちでできたタワーの頂点で、歌って踊っちゃうカイリー。

もうなんか、別次元に来ちゃったわね。

『マドンナと張り合う気マンマン!』

って、聞こえてきそうなくらいです。

トロントのハッテン車窓から・・・

なんかアルバムのジャケットも威厳たっぷり。

そんなゲイアイコンのカイリーのニューアルバムAphrodite、要チェックよ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中