週末のハッテン場を眺めるゲイ。

週末。

みんながクラブの列に並ぶ頃。

キャシーはハッテン場に向かいます。

淫乱なオカマねっ!

どんだけ溜まってんのよ!

とか言われようが、仕事だから溜まってなくても行くんです。

何をするのかっていうと。

ハッテン場で用意された部屋に入って。

コンドームとパンフレットを用意して、ハッテン中の人たちとお話をします。

トロントのハッテン場は実にサービスが充実してて。

キャシーみたいなAIDSコミュニティーのスタッフにいろいろ相談できたり。

プロのカウンセラーとお話ができたり、HIVの検査だってできちゃいます。

常勤しているわけではないので、みんながみんなアクセスできるわけではないのが残念だけど。

そんなハッテン場の中で、話したがる人なんて居るの?

って思う人も居るかもしれませんが。

キャシーはハッテン場内に置いていないローションも無料で配っているので。

ローション目当てにキャシーを尋ねる人がいっぱい。

ハッテン場に居れば、いろんな人が会うわけで。

実際、数時間があっという間に経ってしまうほど、面白かったりする。

「今日全然可愛い子居ないんだけど!」

ってキャシーに愚痴を言いに来る人も居れば。

「ねぇ、お仕事の後、ちょっとしようよ?」

とかナンパしてくる人も居れば。

「ちょっと、もっと大きいサイズのコンドームないの?」

とかいろいろリクエストしてくる人も居れば。

「タオルどこに返せばいいの?」

とかスタッフだって勘違いしてくる人も居ます。

いろいろ悩み相談されることも多くて。

「彼氏が全然見つからない。」

「セックスの最中に勃起しないから、ドラッグに頼っちゃう。」

「妻も子供も居て、ここに来るのが凄く罪悪感になってつらい。」

などなど、小さいものから深刻なものまで様々。

キャシーのお仕事は、そんな彼らの話を聞いてあげて、最適なサービスを紹介することです。

それ以外に、気まずい人に会ったりすることも多くて。

知り合いとか、友達がこの前デートしてた人とかに、普通に会うわけ。

向こうはキャシーに会うなんて思ってもないから、ビックリして逃げちゃうし。

キャシーは秘密を厳守をしなきゃいけないので、噂話を立てるわけでもないのに。

もう次に会ったときには、凄く冷たい態度を取られちゃったりします。

ああ。悲しい。

あと、絡まれることも多くて。

「コンドーム配ってるだけで、お給料もらってんの?」

とか喧嘩売られたりします。

いやいや。

コンドーム配ってるだけの仕事なら。

残業代も出ないのに、毎日遅くまで残って仕事してないですから!

それでも満面の笑顔で。

「あなたの健康のために、サービスをお届けするのが僕の仕事です。」

って接客業で鍛えたスキルを披露するあてくし。

それでもこの仕事が好きなのは。

「いつもお疲れ様!」

「いつもありがとう!」

って笑顔で言ってくれる人が居るからかしら。

やっぱり、人の役に立ててるってステキなことです。

キャシーの週末が犠牲になってもいいから。

みんなに健康で、気持ち良いセックスをたくさんして欲しいわ。

で、たまにはキャシーにも分けてね・・・。

地味に。

キャシーのお仕事って。

ポルノ制作会社の次に、おちんちんをたくさん見れちゃうお仕事なのかも。

そんなわけで。

お仕事の後は、いつもおちんちんでお腹いっぱい(響きが・・・)

だから何もする気にならず、真っ直ぐ家に帰っちゃうあたしです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中