ノンケのパーティで暴れるゲイとビアンとトランス。

プライドが終わったわけで。

トロントのゲイタウンはすっかり静まり返っちゃって・・・。

まだまだプライド熱にうなされてるキャシーからしたら。

もう物足りなくてしょうがなくて。

せっかくの土曜日なのに。

ゲイ友達に連絡をしてみても、みんなして。

「ほら。もうあたしプライドで死ぬ気で踊ったから、今週末は引きこもるの。」

とか。

「今週は実家に帰って、ちょっと家族と食卓でも囲むわ。」

ってやけに冷めてて。

シャワーを浴びて、出かける気満々なのに、一人ぼっちなあたし。

そうしてたら。

クィアボーイくんから連絡が来て。

「キャシー?ちょっと来なさいよ!今ノンケのホームパーティにいるのよ!」

とか急に言われて。

「なんであたしが知らない人の、しかもノンケの家のパーティに行くのよ!」

って戸惑うも。

クィアボーイくんが。

「もっとゲイが必要なのよ!今すぐ来なさい!」

って住所まで送られてきて。

暇だったので、しぶしぶ向かうことに。

パーティ会場に到着すると・・・。

本当にノンケのパーティで・・・。

男子はみんなタバコぷかぷかしてるし。

女子はみんなムダに着飾ってて。

よく話に聞くステレオタイプなストレートのパーティそのままでした。

そんなキャシー。

誰も知らないので、とりあえずパーティのホストに挨拶して。

お酒をいただいて、クィアボーイくんともう1人のレズビアンの子とソファーに座って。

「本当、ノンケのパーティって全然違うわね。」

ってみんなでしみじみ観察してました。

パーティのホストさんが優しくて。

ジェリーショット(お酒のゼリー)とか、お酒入りのアイスクルームを次々に運んできてくれて。

気付けば、ジェリーショットを10個近く完食してて、出来上がってたキャシー一行。

お互いのおっぱいを触りだして。

誰が一番のモテおっぱいか競ったり。

きゃーきゃー言いながら、お互いにキスしたりと。

近くの人にもムダに絡みだして。

もう完全に迷惑な集団になりまして。

気付けば。

あたしたちが座るソファーの周囲から人は逃げ。

後から来たビアンの子たちも、どんびきして端っこに非難してました。

ノンケの方々だけじゃなく、クィア仲間からも引かれるって。

あたしたちどれだけ濃厚に楽しんでたわけ?

っていうか他がお上品に楽しみすぎなのよ!

キャシーの日常ってけっこうこんな感じなんだけど。

他の人には刺激が強すぎたのかしら・・・。

そんなわけで。

これ以上迷惑をかけないように。

パーティのホストさんにお礼を言って、レズビアンクラブへ逃避したキャシー一行。

そんな能天気な土曜日の夜でした。

キャシーってば。

一週間の休暇だったんですが。

勉強も、パーティもほとんどせず、のんびり過ごしておりました。

来週から学校が始まるわ。

ノンケのパーティで暴れるゲイとビアンとトランス。” への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    また、めっちゃくちゃ忙しい学校生活がはじまるから、たまにはまったりした時間もいいんじゃないですかね。キャシーさん若いから、遊びたい気持ちもわかるけど。
    ジェリーショット、おいしくってばくばく食べてると後で、足腰たたなくなりますね。でも、酔っ払ってもまだ、理性があるから。
    ノンケの酔っ払いのほうが一回はじけるともっとたち悪いですよ。バス待ってたら、知らない酔っ払いにいきなりお姫様だっこされて、向こうがふらついて落とされた・・・・・重いってこと?

chibi にコメントする コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中