若者の表現~プライド・キャブ~

キャシーが以前パフォーマンスしてた劇場では。

毎年、プライドの時期に若者による、若者のためのショーが行われます。

その名も、プライド・キャブ!

その劇場の公式ページはこちら。

Buddies in bad times theatre

毎年年始よりオーディションを開催して。

選ばれた25歳以下のクィア・ユースたちは。

毎週トレーニングを受けて、脚本作りや稽古をして。

6月のプライドウィークの少し前に、一夜限りのショーをするんです。

キャシーも実は参加しようか迷っていたんですが・・・。

英語スキルとダンススキルの無さと、忙しいスケジュールが故に断念したんです。

今思うと、ちょっと惜しいことしたかなとか後悔もしています。

そんな今年の選ばれしメンバーは彼ら!

トロントのハッテン車窓から・・・

いろんな人種、性別、セクシュアリティーがいていい感じ。

キャシーの友人も数人中に居て。

どんなショーになるのか、本当に楽しみでした。

当日は。

広い会場であったにも関わらず、満席!

キャシーとか、ギリギリで会場に着いたせいで危うく入り損ねるところでした。

肝心のショーは、もう本当にクオリティーが高く。

フィクションでありながら、出演者個々のパーソナルな経験が込められていて。

今の時代を生きるクィアの若者としての喜び、悲しみ、怒りがうまく表現されていました。

トロントのハッテン車窓から・・・

ショーの形も、非常にフリースタイルで。

歌、ダンス、ミュージカル、コメディ、劇、詩、語り、ドラァグショーと。

次から次へと畳み掛けてきて、予想外な展開でした。

トロントのハッテン車窓から・・・

正直、彼らは歌も、演技も、ダンスも凄くうまいわけじゃないんですが。

彼らにしか表現できないものをちゃんと表現していて。

ステージ上ではキラキラ輝いていました。

トロントのハッテン車窓から・・・

こんなセクシーなシーンもあったり。

トロントのハッテン車窓から・・・

こんなラブラブなシーンもあったり。

トロントのハッテン車窓から・・・

今まで見た中で一番綺麗なドラァグクイーンも見られたり。

本当に素晴らしいショーでした。

ショーの幕が降りると、もうスタンディング・オベーションが止みませんでした。

このプログラムを通して。

更なるステージに羽ばたく人も多くて。

数年後には、有名なパフォーマーになっちゃう人もきっと居るんだと思います。

こんな風にして。

障害の多いクィアの若者に、表現する場を提供してくれて。

このプログラムは本当に素晴らしいものだなと、感心してしまいました。

キャシーも、10代の頃にこんなものがあったなら。

今頃スターになってたのに・・・。

(勘違いも甚だしい)

来年、キャシーはまだギリギリ24歳。

思い切って参加して、パフォーマーとしてのキャリアも開拓してみようかしら。

とか、未だに夢を追いかける子供みたいなこと考えてます。

若者の表現~プライド・キャブ~” への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ちょっとでも興味のあるものは、後で後悔しないようにいろいろ試してみたほうがいいですよ。(特に年齢制限のあるものは)
    これで、秘められた才能が開花するかも。
    目指せ、Lady GaGa!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >chibiさん
    秘められた才能ですか・・・w
    来年の僕の忙しさを見て、決めます。
    小さいころから歌と、ピアノと、ダンスと、英才教育を受けたかったわ・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中