「ゲイ」という履歴。

たとえば。

就職活動の面接で。

「学生の間に励んだことは?」

って聞かれて。

「サッカーサークルを立ち上げて、4年間運営してきました。」

と。

「ゲイサークルを立ち上げて、4年間運営してきました。」

なんかじゃ、印象が大違いですよね?

もしかしたら。

サッカーサークルの実情はただの飲み会サークルで。

ゲイサークルの実情が社会運動サークルだったとしても。

外から見えるのは、「ゲイ」という履歴だけだったりします。

ここ最近。

トロントのパンセクシュアル(全性愛)クラブで働く友人に。

「キャシー、うちのクラブにインターンシップに来なさいよ!」

とか誘われて。

「えええ~~~!!!」

って戸惑いつつ。

常にセックスショーやら、際どいパーティが繰り広げられるあそこで。

いったい何のインターンシップをさせられるのかって興味津々だったり。

でも実際問題。

このインターンシップ、何になるの?

就職するときに、パンセクシュアルクラブでイベント運営のインターンしてたってアピールして。

「どんなイベント?」

「セックスパーティ。」

とか答えた時点でアウトよね。

先日。

かなり年上の友人から真剣な顔で。

「キャシー、自分の履歴に気をつけなさい?」

って言われて。

「どういう意味?」

って聞いたら。

「今、あなたがやっているボランティアも、その他の活動も、評価をするどころか、軽蔑する人が居るのよ。」

「若いから楽しむのはいいけど、将来への影響も忘れちゃダメよ。」

とマジメに言われました。

たしかに。

ボランティアならまだしも。

これから、就職でゲイ関連の仕事に就いたとして。

その履歴は、永久に残っていくものなのよね。

キャシーの友人も。

エイズコミュニティーの男性同性愛者向けの活動をコーディネートする仕事と。

銀行っていう保守的な職場での仕事を両立していて。

きっと見えない苦労がいっぱいあるんだと思います。

リベラルで、多文化共存主義のカナダといえども。

「ゲイ」「エイズ」、そして「セックス」は、未だに闇の中のものなのです。

その友人。

先日、水疱瘡にかかって病院に行って。

お医者さんに。

「あなたの年齢で、水疱瘡にかかるのは、免疫が衰えているのでは?」

「HIV検査を受けましょう。」

って勧められて。

キャシーの友人。

「自分、エイズコミュニティーに勤めていて。」

「去年末に検査受けていて、陰性でしたし。」

「AIDSの発病もしてるわけないので、HIVによる免疫の低下は無いはずです。」

って反論したところ。

そのお医者さん。

「エイズコミュニティー!?」

「ならなおさらAIDSの可能性が高いです。検査を受けましょう!」

って言い放ったんだとか。

そんな短絡的なアホお医者さんで、その後も言い合いがずっと続いたそうで。

友人は頭に来て、病院に後で苦情を出したそうです。

結局。

「ゲイ」とか。

「エイズ」とか。

「セックス」って。

人の目を覆っちゃうベールのようなもので。

その後ろにあるものを見えなくさせてしまうんでしょう。

自分の履歴書にびっしりと刻まれた。

この「ゲイ」という履歴、はたしてどのように評価されるんでしょうか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中