お正月とホモフォビア。

次の月曜日は、陰暦のお正月で。

中国を始めとする陰暦のお正月を祝う文化の人は、この週末にパーティーを楽しんでいます。

そんなベトナム人の友人が新しい家に引っ越して。

ベトナムの陰暦正月に、引越し祝いも兼ねたパーティーに行って来ました。

彼女は、トランスジェンダーの女の子で。

つまり、男性女性(MtF)なのです。

スタイルも良くて、リアーナみたいな感じでゴージャスで、凄くやさしい子。

で、まぁ。

パーティなのに。

食事がベトナムのお粥で、まったりムードでみんなで寛いでいました。

彼女はお姉さんと友人と一緒にマンションを借りていて。

彼らも友人を集めて、同じマンションの部屋で別のパーティをしてたのね。

みんなベトナム人で、ベトナム語ぺらぺら。

しかもフレンドリーで。

「あんたハンサムね~!」

とか関西のおばちゃんのノリで絡んできます。

お酒も入ると、みんなちょっと弾けだして。

オカマ丸出しで、ダンスをしたり、ゲイネタを連発しだして、かなり賑やかに。

そんなパーティの最中。

キャシーがふとそのホストの女の子を見たら、泣いていて。

ビックリして、慌てて駆け寄って。

「どうしたの?」

って声かけたんです。

そしたら。

申し訳なさそうに。

「あたしのお姉ちゃんとルームメートの友達たちが、みんなをバカにしてるの。」

って泣きながら、言い出して。

「みんながオカマっぽくて気持ち悪いとか凄い嫌なこと言ってるの。」

って、どんどん泣き出しちゃうその子。

ちょっとかける言葉がなくなっちゃったキャシー。

ベトナム語でバカにしてるんなら。

こっちは誰一人理解できないし、まったくかまわないんだけど。

自分の友人をバカにする言葉を聴き続けるのは、あんまり彼女にとっては気持ちよくないんだろうな。

とか思って。

とりあえず、彼女をベランダに出して。

パーティを早めに切り上げちゃったキャシー。

だって。

人がうちらの行動をバカにしてるからって言って。

じゃ、その人たちにバカにされないようなことだけしたら、死ぬほどつまんないし。

それで、カマ騒ぎを続けようもんなら。

ホストの女の子がどんどん泣いちゃうし。

一番、みんなが嫌な思いしない選択でした。

キャシーが帰る際に、チラってルームメイトたちのパーティの様子をチェックしたら。

もうあからさまにキャシーの友達のダンスの物まねをしていて、馬鹿にしていた様子。

ハッピーニューイヤー!

くらい挨拶しようかと思ったけど、頭に来てそのまま帰ったわ。

本当、楽しいパーティが台無し。

やっぱり、帰り際に向こうのパーティ会場に行って。

「ゲイをバカにする以外に話すネタないわけ?」

って捨てセリフでも残しておくんだったわ。

彼女、あの後大丈夫だったのかしら。

お正月とホモフォビア。” への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    「ノンケそこまで馬鹿じゃないわよ」って反論をしたとたんに、こういう話を聞くと暗澹たる気持ちになります。フォビアそのものは本能的なものだから仕方ないにしても、そこからどういう行動を取るかは品性の問題ですよね。「自分と違うから」というだけで、他人に敬意を払えない人間なんて相手にしなくて正解ですよ。同じ場所まで堕ちる必要ないんだし。
    でもホストの女の子は可哀想。一緒に生活しにくくなっちゃいましたね。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >しらゆきさん
    けっこう日常茶飯事ですw
    キャシーはもう免疫ができているんですが、ホストの女の子は繊細だったんで・・・うまくやっているといいんですけどね。
    こういうのって、もはや意識というより、習慣でネタにしちゃう感じなので、責めるにも責められないんですよね。はぁ・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中