HIVは政府の捏造??

来週のQueercab で披露するパフォーマンスがなかなか決まらず。

金曜日の夜なのに、クラブも行かずに、クィアガールちゃんと打ち合わせに明け暮れるキャシー。

コーヒータイムで1時間議論しても飽き足らず。

チャーチ通りのスターバックスに入る2人。

2階にある長いソファーに座ると。

打ち合わせに飽きたキャシーがゲイのフリーペーパーに手を伸ばす。

トロントのスターバックスはかなりゲイフレンドリーで。

パレードやイベントでは、かならずブースを置いているし。

チャーチ通りのスターバックスに置いてあるフリーペーパーはほとんどゲイもの。

ふと開いたページに、HIVのコラムがあって。

自分が来週やる予定のHIV/STIのワークショップに使えないかと。

クィアガールちゃんと話しておりました。

その流れで、クィアガールちゃんがふと。

「早期発見時にHIVを完治する薬があるって聞いたけど、本当?」

って聞いてきたので。

答えようとした瞬間・・・。

僕の後ろから。

「ない!」

って声がして。

えええ?

誰?

とか思って、振り向くと。

同じソファーに座っていた中年の白人のおじさんでした。

何かHIVの専門知識とかお持ちなのかしら?

とか思って。

話を聞いていると。

「HIVは政府が作り上げたでっちあげだ!そんなものこの世界には無い!」

とか主張し始めるおじさん。

うう・・・ん。

えええ・・・っと。

返す言葉に困って。

クィアガールちゃんの方を見ると。

フリーペーパー読みながら、シカト決め込んでる!!!

ちょっと、あたしにおじさんの相手しろって?

おじさんはそのまま止まらず・・・。

どう政府がそれをでっちあげて。

どのように金稼ぎをしていて。

自分がどのようにそれを知って。

さらになぜかマクドナルドまで例に出して語りだし。

専門用語だらけで、どんどん議論を展開されるので。

全然ついていけないキャシー。

クィアガールちゃんが助け舟を出してくれるのかと思ったら。

「彼、英語できないのよ。」

って挑発口調で、いかにも時間のムダよ的な感じで。

おじさんに言い放つクィアガールちゃん。

おい!!!

すると。

説明するのを諦めたおじさん。

しかし。

15分後、急に荷物をまとめだして。

去り際に、急に怒り出し。

「君たちはバカだ!」

「何も知識を取り入れようとしないバカだ!」

っていきなり罵ってきて。

あわわわ・・・。

もうめんどくさいので、フリーペーパー読みながらシカトしていると。

「君たちに文字を読む権利は無い!それは頭のいい人が読むものだ!」

などと、まだ懲りずに罵ってくるおじさん。

最後に。

$10000もらおうと、君とはファックしないよ。」

とクィアガールちゃんに怒鳴って。

ブツブツ言いながら、出て行きました。

キャシー、唖然。

もうちょっと自分に英語力があったら、どういう理論かを理解して。

ちゃんと議論もできたであろうに、ちょっと残念。

にしても、アメリカから来たらしいこのノンケのおじさん。

金曜日の夜に、ゲイタウンのスターバックスに何やってるんだか。

そういえば、こっちのカフェって、よく知らない人が会話に混じってきます。

キャシーは覚えているだけで、これが3回目!

めんどくさいのが嫌な人は、カフェで議論するのを控えましょ(笑)

あの後、クィアガールちゃんを宥めるの大変だったんだから・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中