歌手志望の子とデート。

日曜日、久しぶりにデートに出かけてきました。

前回のQueercabでパフォーマンスを終えた後。

同じ日にパフォーマンスをしていた白人の男の子からデートに誘われたんです。

「来週、ご飯とか食べに行かない?」

「いいねぇ~!行こう。行こう。」

「僕と君で・・・だけど、大丈夫?」

とかめっちゃ頭のいい誘い方をされて。

「うん。」

としか言えなかったキャシー。

完璧にGOGOボーイくんとデートの約束をしてたの忘れてました。

ダブルブッキング!!!

まぁ、いいや。

デートでわけを話そうとか思って。

そのまま当日を迎えることに。

少し不安定な天気の中。

2人でハーバーフロントに行って、芸術展を見て。

イートン・センターで買い物して。

キャシー御用達のレストランでディナーをいただいて。

本当に素敵で楽しいおデート。

お腹いっぱいになってから、彼がピアノを演奏してくれると言うので。

チャーチ通りのスターバックスの横にあるおしゃれなゲイバーへ。

店員さんに挨拶してから、お店のグランドピアノを弾きだす彼。

ここでよくピアノを弾かせてもらっているんだそうです。

そうすると、奥に座っていたレズビアンのおばさんたちが駆け寄ってきて。

彼の演奏で、洋楽の定番曲をジャズ調で数曲歌っていきました。

もう。キャシーはメロメロ。

レズビアンのおばさんたちに(汗)

だって、レズビアンのおばさんたちの歌声が美しすぎるんだもん。

本来ならば、本当にロマンティックな状況なのですが。

なんだか、ここまでおもてなしされちゃうと。

本当に罪悪感でたっぷりになってくるキャシー。

「キャシー、君のことは友達としか見れないよ。」

って言うのは、定番過ぎるし。

「セックス・フレンドはいいけど、彼氏は募集していないんだ。」

って言えば、ちょっとヤリマンすぎるし。

「あたし、今毛じらみで・・・」

って言えば、あらぬ噂が広まるだろうし。

とかいろいろと言い訳を考えては、口に出せないキャシー。

その日は、お茶をして、そのままお別れしました。

家に帰ると、メールで。

「この日にこんなパーティがあるんだけど、一緒に行かない?」

とか。

「キャシーのワークショップってこの日だよね。行ってもいい?」

と・・・本当にノリノリなその子。

はぁ・・・マジで悪いことをしてしまった。

キャシーが考えるデートはもっとずっと軽いもので。

ちょっとお互いに好意がある状態のお試し期間だと思っていて。

相手を深く知るのがデートであり・・・。

相手の求めるものが自分の与えられるものと一致しているか?

セックスの相性は大丈夫なのか?

などをうまく探るのもデートだと思っています。

だから。

この恋人という駅に向かうレールに乗っけられたデートは、キャシーのスタイルではありません。

このまま先延ばしにすると、まだドラマ・クイーンになりかねないので。

素直に、思ったことをメールで送りました。

人と人が交じり合うのって、本当に難しいですね。

次はもっと慎重にデートの誘いに返事します。反省。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中