クラスでカミングアウト同然に。

10 10月

キャシーの英語コースの締めくくりに書く論文のテーマは。

『20世紀のゲイムービーと検閲コード』

これがなかなか面白いテーマで。

長い間、映画史の中で生まれては、隠されてきたゲイムービーの歴史に迫っていきます。

ゲイムービーが禁止されていた時代でも。

映画作家たちは、ゲイの中でしか通じない仕草やシンボルを用いてゲイを表現してきました。

最近でこそ、トム・ハンクスが『フィラデルフィア』HIVに感染したゲイを演じ。

アカデミー賞を取ったり(これも15年も前の映画だけど。)

『ブロークバック・マウンテン』『RENT』のように。

ゲイが堂々と出てくる映画がヒットをするようにもなりましたが。

こんな時代にたどり着くためには様々な闘争があったんです。

興味のある方は、こんな映画でも。

the-celluloid-closet-movie-poster-1996-1020203535

セルロイド・クローゼット/The Celluloid Closet(95年)

ゲイムービーが映画史の中でどう扱われてきたか、時代を追いながら知ることが出来ます。

映画作成の中心的な存在でありながら。

自分たちの姿をフィルムに刻めなかった方たちは、何を思って映画を作っていたんでしょうか。

映画クレヨンしんちゃんでオカマの敵役が倒されるのを見て笑ってる場合ではないですよ!

話に戻って、今日はクラスでその論文のアウトラインの口頭審問でした。

キャシーの発表直前に。

「ホモセクシュアルな内容の含まれたウェブサイトは検閲するべきです!」

とかそんな議論がされているクラスで。

「僕の論文のテーマはゲイムービーと検閲コードです。」

って大声で発表するあたし。

さすがに心拍数も上がっていたんですが。

なんかみんな普通・・・。

もっとこう議論とか仕掛けてきたりしてくればいいのに。

先生と2人だけで。

「ゲイって映画ですぐ殺されちゃうんですよ!」

「最近の映画は生きてるじゃないか。ブロークバック・マウンテンは?」

「最後にぶち殺されました。」

みたいな議論になってしまいました。

ちなみに先生は超リベラルで、ゲイフレンドリー

『セルロイド・クローゼット』を見ていたことには、素直にビックリしました!

発表が終わったあとも。

みんな何も変化が無いし。

「おまえなんでゲイムービーなんかやるの?」

「え?キャシーってゲイだったの?」

とかもなし。

キャシーがゲイであることなんて周知の事実なのか。

それとも、キャシーの英語がひどすぎて、誰も理解しなかったのか。

まぁ、みんなゲイなんかには無関心なんでしょうな。

愛の反対は無関心です(マザー・テレサ)

言い得たものです。

広告

コメント / トラックバック5件 to “クラスでカミングアウト同然に。”

  1. 白くま 2008年10月10日 @ 10:49 AM #

    SECRET: 0
    PASS:
    反応が大きすぎるのも困りますが無いのもなんか虚しいです
    マザーテレサが言う無関心が1番の酷い仕打ちだと私も思います↓

  2. ろん 2008年10月10日 @ 9:18 PM #

    SECRET: 0
    PASS:
    それって、大学院での研究テーマにもなると思いますよ。トロ大にもちょくちょく顔を出しているようだし、進学を考えたらどうですか?

  3. キャシー 2008年10月11日 @ 11:44 PM #

    SECRET: 0
    PASS:
    >白くまさん
    まぁ、無事に終わって何よりですねw
    日本は無関心な人がさらに多いです・・・
    「ゲイはゲイで、楽しいならいいじゃん。」
    っていう名台詞をみんな揃って言います。
    >ろんさん
    進学は考えておりました。
    でも、大学院の学費がとてもじゃないんですが・・・払えません。
    先に仕事を見つけて、さらに余裕があったら大学院もいいかなとは思いますが。

  4. ろん 2008年10月12日 @ 12:12 AM #

    SECRET: 0
    PASS:
    学費、いろんなfundingがあるので、意外とダタだったりします。学費無料+ティーチングアシスタントで贅沢はできないですけど、ナントカ食べていけたいします。学科やプログラムによって違いますが、私の印象では、アメリカのほうがfundingが充実しているようです。要は複数のプログラムにアプライして、fundingを出してくれるところに行けばいいわけです。ゲイコネを使って、院生の人と知り合いになって聞いてみると詳しいことがわかると思いますよ。

  5. キャシー 2008年10月12日 @ 5:06 AM #

    SECRET: 0
    PASS:
    >ろんさん
    実は7月はずっとそのリサーチをしていたんですが・・・留学生の院の費用は年間200万円で、奨学金とTAを合わせても、半分も賄えません。
    ドクターまで行けば、タダ同然になるんですが。そこまでして勉強したいか。その勉強の後に仕事があるのか。などを考えたら、壁に。
    うちがお金持ちだったら、行っていたんですけどね。今回の留学はお母さんにお願いして、予算ギリギリで行っておりますのでw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。