父の命日。

30 9月

以前の記事 で一度触れていますが、未だにキャシーは父のことを乗り越えてないようです。

昨日は父の命日でした。

キャシー、人生での一番の心残りといえば彼との関係です。

father1

父が生きている間、それはもうひどい親子で。

口を開けば喧嘩をしていました。

その原因も、自分がゲイだったことが大きいです。

父が亡くなった日は・・・。

誰にも涙を見られたくなくて、一人で部屋にこもって思いをぶちまけた日記を書きました。

だって、あんなに嫌いだったのに。

自分の目から溢れ出てくる涙に、全然納得ができませんでした。

なんで自分、泣いてんの?

って考えながら、それでもポロポロ。

その時書いた日記はずっと開けなくて、ずっと放置していました。

そして、昨日。

親戚で集まって、一緒に食事をしました。

当然、父の話になり。

なぜか急にいろんなものがこみ上げてきて。

あっという間に目頭が熱くなって。

もう涙が1時間近く止まらず。

家に帰るまで、まともに口も開けませんでした。

自分でビックリです。

まだここまで引きずっていたなんて。

泣いているときに。

おばちゃんになぐさめられましたが。

何か違う。

亡くなったことがこの涙の理由じゃない。

でもなんで泣いてるのか、わかんない。

家に帰って、恐る恐るあの日記を開いてみる。

******************

今朝、父が亡くなりました。

 あまり友達には言っていませんでしたが、父は6年前より白血病を患っていました。一昨年に移植をして、回復へと向かっていたのですが、この夏に様態が急変しました。昨日、大学で電話をもらい、病院に駆けつけたのですが、、、もう“生きている”とは言えない状態でした。充分長く苦しんだので、これでやっと安息できたと思います。結局、父とは一度もちゃんと向き合えませんでした。ここから先は、ずっと考えてた事をまとめただけです。自分の整理のためにも書いておこうと思います。父の死で泣く事はないと思っていたのですが、病院で苦しんでいる姿を見たとき、わっと涙が溢れました。

 たぶん、父は僕のような“男の子”が気に入らなかったんだと思います。運動が苦手な上に、病弱で、“男の子らしい遊び”には全然興味を示さずに、絵ばっかり描いてるような“男の子”は彼の理想の男性像からはかけ離れていたのでしょう。小さいときから何かとつけて、そういった指摘をされてきました。僕は小学校に上がる前から自分に“違和感”を感じていました。そして、ゲイの存在を知ったのは中学校の時でした。父と一緒にテレビを見ていた時です。実際にゲイである人達がテレビに出ていて、感動したのを覚えています。そんな時に、何かの会話の流れで父がこんなことを言いました。

「自分の子がゲイだったら、自分の手で殺す」

 とにかくショックでした。父と自分との間に大きな溝ができました。もう話すのも嫌になり、肌が触れる事に嫌悪感さえ覚えるようになりました。周りはただの反抗期だと思っていたようですが、実際はもっと深刻な状況だったと思います。それから父が病気になり、怒りもぶつけられず、ただただ無感情にたまに“優しく”してあげていました。常に「早く死ねば良いのに、、、」って考えていました。葬式の日は、きっとスッキリした気分で迎えられるのかと思っていました。でも、そんなに冷たくはなれないものなんですね。

 結局、どうすればよかったんでしょう。カミングアウトして、父が納得するまで主張すれば良かったのでしょうか。それとも、自分を封じ込めて、父が思う通りの息子になれば良かったのでしょうか。僕が異性愛者だったなら、父とは笑っていられたのでしょうか。亡くなったことがつらいというより、父との関係に対して何も手が出なかった事が悔しいです。正直、こんな社会が憎いです。怒りで涙が溢れてきます。父が自分のことを知らずに、亡くなってしまった事がやるせないです。

 こんなことダラダラと書いてすみません。どこにも吐けないので、つい。今は書けば、書くほど混乱するので、ちょっと休みます。とりあえず無事に葬儀が終わるまで、冷静にいこうと思います。今僕が泣けば、周りがもっと混乱するので。

******************

なんか、読んだらスッキリしました。

人間の感情って不思議です。

正直、今日もあまり本調子ではないのですが。

涙の代わりに、スポーツで汗を流したら、少し楽になってきました。

毎年、この時期には涙が襲ってきそうです。

でもゆっくりと、それに向き合える日が来ると信じています。

だって、亡くしたものより、遥かに得たものの方が多いもん。

いつもよりマジメなキャシーでした。

広告

コメント / トラックバック2件 to “父の命日。”

  1. 白くま 2008年9月30日 @ 1:11 PM #

    SECRET: 0
    PASS:
    日記を読み返してよかったですね
    少しはほぐれたかな?
    毎年命日には思い出してちょっと涙するなんて良い供養だし♪

  2. キャシー 2008年10月2日 @ 12:34 PM #

    SECRET: 0
    PASS:
    >白くまさん
    こうして文字化するのも凄く助けになります。
    来年は泣かないといいけど。
    まぁ、それは来年の話です。
    今はもう絶好調ですw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。