クローゼットの面倒臭さ。

11 9月

カナダに来てから。

なぜか随分若く見られます。

昨日なんて。

「17歳だったよね?」

とか普通にACASのスタッフさんに言われ。

きゃ~きゃ~騒いじゃったキャシーでした。

中身だけは、17歳に負けず劣らずいつまでも若いわ。

カナダに来てから、髭も生やして、シワもちょっと増えたのに。

年相応っていうか、それ以下に見られるのは嬉しいです。

日本では散々だったもん。

15歳の時から、平気で成人扱いされ。

老け顔とみんなから言われ続け!

スーツを着れば、「教授?」とか言われたり。

一番ショックだったのは。

49歳の友人とゲイバーで、同い年って言われたとき。

ちょっと言いすぎって思うかもしれないけど、普通に実話です。

キャシーの若さが、今やっと評価されたのね!

そんなキャシー。

うちのカレッジではモテモテなんです。

女子たち限定ですが(笑)

というのも・・・

普段は口から出る言葉の9割がアホな下ネタのキャシー。

なのに、うちのカレッジでは超クールキャラなのです。

成績優秀。

女子に媚びない。

でも話しかけると気さく。

と、デキスギ君もビックリのモテキャラです。

なので、みんな本当のキャシーを知らずに、勝手に持ち上げてます。

よく。

「彼女居るの?」

って聞かれて。

「彼女はいないよ。」

って彼氏も居ないけど、思わせぶりに答えてみるキャシー。

そんなニュアンスが通じるはずもなく・・・

「私の友達がキャシーのことカッコいいって言ってるんだけど・・・」

とか女の子を紹介してこようとしてきます。

困りつつ、カミングアウトするのも面倒だし、あやふやにして逃げるキャシー。

これが1回じゃなくて、数回続いて。

最近では・・・

ヤリチン疑惑。

が持ち上がっているキャシーでございます。

あのね。

ヤリチンじゃなくて。

ヤリマンよ!!!

だから、そこじゃないって。

でもたまに察しの良い女の子も居て。

この前、クラスのディスカッション・ボードで、自己紹介をしろっていう宿題があって。

「HIV関係のボランティアもしてます。」

ってあっさり一文書いたら。

ウクライナの美人の女の子に。

「人を助けるボランティアしてる人って素敵だわ。どうして始めたの?」

ってレスされて。

「あたしの服装を見ればわかるわよ。」

って返事したら。

次の日。

僕の腕にあるレインボー・バンドを発見したようで。

「あ~あ。わかったわ。」

って納得してくれたようで。

仲良く話が弾みました。

北欧ってリベラルでいいわ。

彼女のロシア語訛りの英語も素敵。

そんなわけで、クローゼットで過ごすのはやっぱり面倒です。

まぁ、この金曜日には大々的にカマバレするんですけどね。

なぜかって?

それはお楽しみでございます。

広告

コメント / トラックバック2件 to “クローゼットの面倒臭さ。”

  1. とおりすがり 2009年1月2日 @ 11:35 AM #

    SECRET: 0
    PASS:
    って北欧か~≧(´▽`)≦

  2. キャシー 2009年1月2日 @ 1:08 PM #

    SECRET: 0
    PASS:
    >とおりすがりさん
    あら。ウクライナって東ヨーロッパだったのね。
    なんか物凄い北欧ってインプットされてたわ。
    指摘ありがとうございます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。